先日、ツイッターで

こんな言葉を見つけました。

 

> すべてが敵に見えてしまう時とかが
> すごくあった。
>
> でも、そうじゃなくて、
> やっぱり闘うべきものは、
> 自分の中の心であって、
> 誰が悪いって責める前に、
> 自分の心を戒めなくちゃいけない

 

これはあの尾崎豊の言葉らしいです。

 

僕はあまり尾崎豊のことは知らないんだけど、

こういうイメージを持ってなかったので

なんか新鮮でした。

 

そして、なんかすごく自分にも

思い当たることがある言葉でした。

 

同じ様に感じたことがあったからです。

 

これって要は

自分の外にあるものに問題や答えが

あるのではなく、自分の心の中に

問題や答えがあるんだ

ということだと思うんです。

 

僕は自分の容姿に

コンプレックスがありました。

 

髪の毛がチリチリだからです。

 

スチールウールなんていうあだ名を

つけられたくらいです。

 

当時、彼女が出来ないのは

このスチールウールのせい。

 

そして、俺がスチールウールなのは

オヤジの遺伝のせい。

 

父と母はともに公務員で、

職場恋愛で結婚したのですが、

母は職場でいわゆるマドンナだったと

いうのです。

 

そんな選べる立場にあった母が

なんでスチールウールの父を選んだのか

ずっとわかりませんでした。

 

だから、母が父なんかを選ばなかったら

俺はこんなコンプレックスをもつ必要が

なかった、と母をよく責めていたのです。

 

でも、これって全部自分が作り出した

幻のようなもの。

 

別に髪の毛がスチールウールで

誰に迷惑かけるわけでもない。

 

それが「みっともない」と思っているのは

紛れもなく自分なのです。

 

スチールウールだから彼女が出来ない

 

母が父を選んだから苦労する

 

こんなのもそう思っているのは全部自分。

 

実際にそうかも知れないけど、

そんな事、自分が気にすることと

何の関係もないのです。

 

自分が自分に対する態度が悪いから、

コンプレックスをもつのです。

 

起業したてのころも、

インターネットを活動の場に置いたときも

色んな人に嫌味に似たようなアドバイスを

頂きました。

 

結果、僕は随分、世間を敵視しました。

 

四面楚歌とはこういうことをいうのか、と

何度思ったかわかりません。

 

親戚もみんな敵だと思っていました。

 

でも、今になって思うと、

それも自分が勝手に敵視していたわけです。

 

本当の敵は自分の心の中にあるのです。

 

ギターでも同じことが言えます。

 

ギター教えていると

自分以外の何かのせいにする人には

たくさん遭遇します。

 

でも、それもその人の心の中に

本当の問題は潜んでいます。

 

自分ではわからないけど、

他人の立場になるとそれがすごくよく分かる。

 

今はギターの練習方法や知識なんか

いくらでも簡単に手に入ります。

 

にも関わらず…

 

やれ方法が合わない。

やれ、時間がない。

やれ、才能やセンスが無いからやってもムダ

 

という声はよく聞きます。

 

でも、こう感じていると、

そういうものばかり

目にする羽目になるのです。

 

現に人の脳は自分が意識するものを

見るように動くことがわかっています。

 

出来ない理由にフォーカスすると

出来ないように世界が見える。

 

ダメな理由にフォーカスすると

ダメな部分ばかりが目につくのです。

 

時間がないと言っている人は

より時間がない理由が目につくのです。

 

問題を作るのはいつも自分なのです。

 

だから、解決させることも出来るわけですが、

そのためには自分の見方を変える必要がある

ということです。

 

練習方法を色々やってもダメ

努力をしているのにダメと感じるのなら…

 

自分のものの見方は本当に

まっすぐ見れているのか

自分を疑ってみると良いかも知れません。