ある男がいました。

 

彼がいつも通る街角に

一人の物乞いがいました。

 

この物乞い、首から一枚の札を

ぶら下げていました。

 

 

「私は目が見えません。」

 

 

この札にはこう書かれていました。

 

しかし、物乞いの目の前にある

アルミのお椀にお金が恵まれることは

めったにありませんでした。

 

 

男はそれをみて、

物乞いにある提案をしました。

 

「札に書かれた言葉を

変えてみたら良いんじゃないか?」

 

 

物乞いは鼻で笑いました。

 

「そんなことで変わるなら苦労しねーわ」

 

 

男は笑みを浮かべながらも

違う札に何かを書いて物乞いに言いました。

 

「じゃあ、一度これをぶら下げてみろよ」

 

物乞いはうさんくさそうに

その札を首から下げました。

 

 

10分後….

 

物乞いのアルミのお椀にはコインが

入り始めたのです。

 

 

物乞いは聞きました。

 

「あんた….なんて書いたんだい?」

 

 

男は物乞いに書いた内容を言いました。

 

物乞いは嬉し涙を流しながら言いました。

 

 

「そんなことで….

 

….あなたは神だ、ありがとう、ありがとう、

ありがとう….」

 

 

 

さて。

 

この男、物乞いが首から下げる札に

なんと書いたのでしょうか?

 

 

こう書いたのです。

 

「春はまもなくやってきます。

でも、私はそれを見ることが出来ません。」

 

 

この話はある筋の人は絶対に知っている位

有名な話です。

 

 

一見、ギターには関係なさそうでしょう?

 

でも、この話。

 

実はギターも同じなのです。

 

 

男は1つ言葉を変えるだけで

物乞いを救いました。

 

ギターも同じ。

 

やり方次第で変わるのです。

 

 

もし、あなたがギター練習しても

思うようにうまくならないなら

その原因は自らのセンスに

あるのではありません。

 

あなたの採用したやり方に原因があるのです。

 

センスではなくやり方。

 

 

僕は25年ギターを教えてきました。

 

その経験値からいっても間違いは無い

と断言できます。

 

ギターはセンスではなくやり方なのです。