ギター弾くならここから

 

ここで紹介している家庭教師。

ストーリー

 

僕はこの方のおかげで自分の人生の大転換を経験しました。

16という若さで経験したことが未だに僕の基本になっているのです。

 

ここで教わったこと。

たくさんありまくるのですが・・・・

 

今でも活かしているものの一つが・・・

当たり前のことからスタートしろってことです。

 

 

僕はこの方に数学をおそわったのですが、それまでの僕は出来ないから色んな本を読もうとしました。

親に頼んで参考書を買ってもらい、色んな教材をやって学力を伸ばそうとしました。

 

特に高校受験の時はテストに受かるために塾に通い、詰め込みました。(幸か不幸か詰め込もうにも詰め込めなかったのですが・・・・)

 

 

でも、たまたま定員割れというラッキーが重なり、第1希望以上の学校に行くことが出来ました。(県内で難易度真ん中レベルでした)

 

そんな僕がたった1回の授業で数学のモチベーションが上がりまくったのです。

自分で勉強するようになって、1ヶ月後には県内でトップから数えたほうが早いくらいの成績になりました。

 

 

この1回目の授業でおそわったことが当たり前のことからやれっていう教えでした。

 

 

先生の教えは

 

数学は絶対に答えが一つになる。

そして、その答えの出し方が教科書に書いてる。

公式ですら作り方が書いてるんだから覚える必要はない。

 

だから、教科書に書いてあることをまずはちゃんと理解しろってことでした。

 

 

参考書とか読んでも何も分からない僕にとっては衝撃でした。

当たり前のことが見えなくなってたんですよね。

 

 

ギターも同じ。

当たり前のことをやったら良いのです。

 

別に複雑なことは必要ないのです。

当たり前のことで良いんです。

 

 

じゃあ、ギターで言うなら当たり前って何でしょうか?

 

 

片方の手で弦を押さえて、もう片方で弾く。

イメージした音色をイメージしたタイミングと長さで表現したらOK。

毎日ちょっとでも良いから継続してギター弾く。

 

まずは、これくらいでいいんですよ。

もちろん、もっと効果上げる方法とかあるけど、これが出来ないのにうまくいくわけ無いですよ。

 

 

ましてや、もっと当たり前のこととしてギターというのは技術なんです。

ということは、理屈より先に出来るようにならないといけないのです。

 

だったら、情報探す前に当たり前のことをやらないといけないのですよ。

 

 

まずは

 

片方の手で弦を押さえて、もう片方で弾く。

イメージした音色をイメージしたタイミングと長さで表現したらOK。

毎日ちょっとでも良いから継続してギター弾く。

 

 

こんな当たり前の事からやってみたらどうでしょうか。

 

よかったらご参考に。