練習らしくない練習をしてても勝手にエレキギターがうまくなる理由

体験レッスンをした時の話です。

「あー、これは一人で出来ませんわー。こんな事、気づきませんもん」

と言われました。

 

この方、前にある音楽教室に行ってたんですが、先生との相性が合わずにやめて、一人で本やYouTubeのレッスン動画とか見ながらギター弾いていたそうです。

でも、一人では限界があると思ったとき、ダメ元でも誰かに聞いたほうが良いと思ったそうです。

そういう経緯があって、体験レッスンに来てくれました。

 

 

体験レッスンでは

  • 今までやってきたこと
  • 今、やっていること
  • 今、出来る事
  • 今、どこを目指しているのか?

という、今の状況を確認しています。

 

それで、生徒さんの目的を満たすために最短距離を取れるようにレッスンしています。

そういうレッスンをやった結果、冒頭のようなセリフになったわけです。

 

では、僕はこの方に何を教えたのか?

それは、こういうことでした。

エレキギターの練習で楽譜を使うなら知っておくべき事

要は楽譜のとおりに弾くことはそこまで意味があることではないよ、ということをお伝えしたわけです。

 

 

ストレスのない練習をしているのに勝手にエレキギターがうまくなる理由

ストレスのない練習をしているのに勝手にエレキギターがうまくなるのには理由があります。

で、この生徒さん、レッスンの後にこんなことを口にしました。

 

「先生はなんで、他の先生が教えてくれなかったことを知っているんですか?」

 

僕が他の先生の知らないことを知っているとは思いません。

他の先生がどんな風に教えているのかなんか知りませんから。

 

 

でも、自分のレッスンをどうやって作ったのか?

どうやって、ストレスの少ない練習プロセスを開発したのか?

これなら、答えられるのでお伝えしました。

 

そして、この答えを実践するとストレスが少ない練習をすることになります。

ストレスが少ないのにギターも弾けるようになるし、知らない間に上達しています。

ギターを自由に、手足のように扱えるようにもなるでしょう。

 

僕はこの答えが本当かどうか何年もずっとテストしてきました。

僕だけに機能する答えなのか、それとも誰でもこれをやったらうまくなるのかテストしてきたのです。

生徒さんと一緒にテストしてきたのです。

 

 

それが・・・

バッキング(ギターソロやメロディ以外のすべての演奏)の追求です。

これが答えです。

 

なので、この生徒さんにはバッキング練習の意味やなんでやるべきなのかを伝えしました。

バッキングフレーズをコピーすることを通してギターは上達するのです。

 

 

結果、今、この生徒さんはギターを自由に扱えるようになっています。

今や、基本の練習はバッキング、そして、遊び感覚でアドリブを練習し、ギターはかなり自由に扱えるようになりました。

今は作曲や編曲等、新しい音楽を沢山作っておられます。

 

でも、スタートはバッキングだったのです。

バッキングがギタリストの可能性を開くのです。

 

 

最後までごらん頂いてありがとうございます。