ギタリストが嫌われる理由

先日、体験レッスンをしたときの話。

生徒さんがすごく現実的な鋭いセリフを口にしました。

 

それがこれ。

「ほんま、わかってるギタリストって少ないですよね。」

 

ちなみに、この方、ベーシストです。

昔っから音楽やってて、デキるギタリストは少ないとかねてから思っていた、というのです。

 

今になってギターをスタートしたのは前から興味あったけど縁がなかった。

そして、納得できるギタリストがいないから自分がやろう、という目的。

 

 

長年ギター教えてますけど、こんなパッションの強い人珍しいな、と思いました。

でも、すごく共感できます。

なので、つい話し込んでえらく盛り上がりました。

 

 

そして、頂いたコメントが

「先生がおっしゃっているようなのがギタリストの常識だったら良いんですけどねぇ」

というもの。

 

 

どんなのがギタリストの常識になっていたらいいのか?

これは良い替えると他のパートのミュージシャンからみてどんなギタリストがやりやすいのか?ということですよね。

 

これ、想像つきますか?

 

 

答えは・・・

 

リズムを大事にするギタリスト。

 

 

ドラマーとかベーシストとかってギタリスト嫌いな人ってそれなりにいるんです。

この体験レッスンの方もあまりギタリストにいい印象を持っておられませんでした。

 

 

何故か?

自分たちが一生懸命リズム作ってもギタリストが台無しにするからです。

そして、それを人前に披露したら自分たちも恥をかくことになるのです。

 

なぜなら、リズムがおかしい演奏は素人が聞いても違和感を感じるからです。

だから、ギタリストは嫌われることがあるのです。

 

何故、俺達がギターのケツふかないといけないの?

という気持ちがどっかにあるということです。

 

ギタリストにとっては耳が痛い話。

趣味であろうがなんであろうが、よそのパートにこんな風に思われているってことは自己満足レベルで終わっているということを意味しています。

もちろん、自己満足で良いんですが、なんとなく悔しいような、情けないような気がしませんか?

 

 

だから、僕はバッキング(伴奏)練習を強調するのです。

これさえちゃんとやってたら仲良く出来るのだから。

 

 

その証拠に、この方はこの後素晴らしいセリフを口にされました。

それがこれ

「ギタリストってホントはすごいと思います。

ベースやドラマーと寄り添ってリズムを固めることも出来るし、ボーカルに寄り添って曲を彩ることも出来る。

ただ、それが出来るギタリストをほぼ見たことがないけど」

そう、これまた真理だと思います。

完全に同感です。

 

音楽は人とやるのが醍醐味ですし、面白いものです。

人とやることで予期せぬ科学反応が起こるのです。

 

だから、一緒にやるメンバーやリスナーを思いやるとリズムが鍵になるのは間違いない事実だとわかるはずです。

 

 

普段の練習はバッキング。

ソロはアドリブ。

そう言っている意味がわかっていただけますでしょうか。

 

基本はバッキングなのです。

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

追記

大体、教室に来る人ってのは全く何も出来ないから来る人が多いので、こんな生徒さんは珍しいです。

でも、こういう生徒さんは間違いなく伸びます。

 

必要なことに対する確信度合いが違うからです。

 

しかも、体験レッスンを受けに来た理由は

ギターでも人におそわった方が確実だから

とおっしゃっていました。

 

そして、

「自分は自己研鑽が好きだから」

とも。

 

こういう方は間違いなく伸びるパターンです。

これからが楽しみです。