エレキギター弾く本当の価値

「先生のおかげで僕の音だいぶ変わりました。」

 

先日、生徒さんに頂いたお言葉です。

 

 

この生徒さん、この後、こういってくれました。

「これ、先生とこじゃないと絶対無理だったと思います」

 

ありがたいお言葉でしたが、流石にそれはいいすぎだと思いました。

そんな表情をしてたんでしょう。

この生徒さん、僕の顔見てこういってくれました。

 

「お世辞じゃないですよ、自分の出音変えるのに色んな人におそわって自分でもだったんです。何十年もやってきてダメだったからもう諦めてたけど、先生とこだとたった1年でそう思ったし、そっから数年経つけどそっからどんどん変わってるんですよ。」

 

ありがたくお言葉を頂戴したのですが・・・

 

この話しは、「出音の変化は難しい」ということがいいたいのではありません。

僕のレッスンがすごいんだ、と言いたいわけでもありません 笑

 

 

この話のポイントは

進歩した自分を認識した、というところに本当の価値がある

という事なのです。

 

 

進歩する。

こう認識出来ることは自信を強めてくれるものであるのは間違いないです。

 

他人から褒められることは気分の良いことです。

でも、最終的にはいくら褒められても自分が納得しなければ価値がないのです。

 

最初は他人から褒められるとすごく満たされた気分になります。

もっと褒められよう、もっと認められようとします。

でも、それを続けると、だんだん他人が褒めてくれない時は気分が沈むようになります。

そうやって、だんだん他人からの褒めや承認がないと駄目になっていくのです。

 

自分で自分を認めることが出来るとこの状況は一変します。

他人の承認は関係なくなるからです。

結果、他人の反応に影響されない強い自分が確立します。

 

自分で「ここが良くなった」「ここが進歩した」「ここが前の自分よりかっこよくなった」と思えることに価値があるのです。

 

この生徒さんも元々は自分のことを認めることが出来ず、他人の承認を必要としていました。

でも、自分のことを認められないから、他人の称賛も信じられなかった人です。

 

そんな状態でもこうやって自分の音を認めることが出来る。

これはこの生徒さんにとって大きな一歩になっているのです。

 

楽器演奏を続けることの本当の価値ってこういうところにあるんじゃないか。

 

うまくなるために音楽をやる

誰かに認めてもらうために音楽をやる

 

もちろん、そういうのもいいと思いますが、自分の人間レベルを上げるためにやるというのも良いものです。

 

そうなったとき、人生の全てが底上げされるからです。

 

 

最後までご覧いただいてありがとうございます。