エレキギターがうまくならないホントの理由

長年、ギター教えさせてもらっていると、うまくなる人、ならない人の違いみたいなのがはっきりしてきます。

 

 

うまくならない人は得てして

 

練習方法や

練習時間や

やっているエクササイズや練習曲

知っている知識

 

にその原因を見出します。

 

 

もちろん、間違いじゃないときもあります。

でも、もっと根本に問題を持っている事がほとんどです。

 

 

じゃあ、どんな問題かというと・・・

 

ギターはなかなかうまくならない楽器だと思っている

 

という問題。

 

 

実体験からそういう風に思っているケースがほとんどですが、なかなかうまくならないのはそういう楽器だからではありません。

 

それこそ、練習している内容が悪いだけなのです。

つまり、努力の中身が適切ではない、というだけのこと。

 

 

まずは、ここをちゃんと信じる必要があるわけです。

 

楽器だから難しい、というのはただの幻想だということです。

 

 

じゃあ、どうしたら適切になるの?

ということになるけど、それが、

 

身体の使い方(ギターの弾き方)をバッキングを弾くことで覚えていくのです。

 

これだけ。

まずはこれだけやったら良いです。

 

これも出来ないとなるとその先には進めないから。

 

 

その時に参考になるのがこれです。

エレキギター初心者のための ギター練習の教科書_lmt2