エレキギター上達のリアル | 結局こういう事が道をひらく

昨日レッスンした生徒さん。

 

レッスン2回目です。

 

 

でも、すでに当初無理だと思っていた曲を弾けるようになりました。

 

 

なんでそんな事が出来たか?

 

いずれ弾けるようになりたいと言っている曲にダメ元でチャレンジしたからです。

 

 

一人で練習している時はやらなかった。

でも、誰かが後押ししたらやるしかない。

で、やった。

結果、出来た

 

 

ギターなんてのはそんなもんです。

 

 

そして、1つ出来たらそこからたくさんのことを学びます。

 

コードはちゃんと弾かなくても良い

リズムも多少なら変えても良い

弾き方変えても良い時、悪いときの見分け方

等々。

 

いろんなことを学んだとご満悦でお帰りになってもらえました。

 

 

もちろん、いろんなことを学べるのはレッスンの特徴です。

 

でも、この方が偉いのは例え「今の私には無理」と思っててもやれと言われてやるところです。

 

 

それが彼女の進歩の引き金になっているのです。

 

僕のレッスンで教わることなんてのはおまけなのです。

 

 

 

大事なことはその引き金を引けるかどうか。

 

ここに本当の価値があると思うのです。

 

 

引き金弾いたら新しい体験を脳はします。

するとその体験を踏まえて脳は次なる情報を捕まえる事が出来るのです。

その積み重ねで人は新しい情報にアンテナが立つのです。

 

 

時間がないから

回り道したくないから

と言って、とにかく情報を集めて、最適な練習方法を選ぼうとすると脳は古いままだから本当に価値ある情報を捕まえるアンテナが立たないのです。

 

 

ギターや音楽なんて練習している間はミスろうが下手ここうが誰の迷惑にもならないのです。

だったら、盛大にミスろうではありませんか。

盛大に下手ここうではありませんか。

 

ここがマインドセット出来たらレッスンなしでも人は変わります。