挫折できないギター練習法

「え?お前がギターやってんの?まじで?」

同窓会に行ったときに言われたセリフです。

 

その時にやっていることを話すと、かなり驚かれました。

同級生の頭の中には昔の僕しかいなかったようです。

 

 

ギターに向いてない僕が挫折しなかった理由

挫折を避けるためにはこれが出来たら良いのです

「ギターなんでそんなうまくなったの?」

僕がギター教えていることを聞いてこんな質問をされました。

 

話を聞くと、同級生は過去に一度ギターに挑戦し挫折したのでした。

 

 

そこで質問してみました。

「もっかいやるの?」

と。

 

すると「やってみたい」というので、更に質問をしてみました。

「前、やったときにお披露目したか?」

と。

 

すると、答えはノーでした。

何故、お披露目しなかったのかというと、「自分の腕に自信ない」という答えでした。

 

 

他人に聞かせるとエレキギターはうまくなる

ギター練習に必要なのはライブだと実感したKさんの話し
誰かに聞かせることを第一の目的にしたら挫折することはなくなるどころか素早くうまくなります

だから、

ライブまでしなくて良いから誰かにすぐに聞かせたらうまくなるよ

と伝えときました。

 

誰かに聞かせる前提でギター練習するならどんな手をとるでしょうか?

聞かせることが目的だったらどう考えて、どういう行動を取るでしょうか。

 

 

あなたならどうするでしょうか。

最後までご覧いただいてありがとうございます。

 

追記

ちなみに、この話は「習うより慣れろ」ということがいいたいわけですが、こちらにも違う角度で記しているのでよければご参考に

最低なギター練習法

 

追記2

 

ちなみに、お披露目というのは何も1曲通す必要はないのです。

 

お披露目することを第一の目的とするとそうなるわけですが・・・・

 

お披露目するまでの速さ

聞いてくれる人が理解できるもの

フィードバックが返ってきて、修正のしやすいもの(練習しやすいもの)

見返りの大きさ

等々。

 

こういうことを考えてもバッキング(伴奏、リズムギター)の練習はオトクなのです。