エレキギターはセンス才能ではない

この話の続きです。

独学は不可能(エレキギターだけではない)

うちの生徒さんの以下のコメントにコメントします

奥田先生

お世話になっております。Mと申します。

このメルマガの内容に則したお知らせではないかと思いますが、フレーズ宅配便、宅配便アドバンス、アドリブ講座を受けることで自分に起きた変化についてお知らせしたく、ご返信しております。
※フレーズ宅配便、アドバンス、アドリブ基礎講座というのは僕の有料サービスの事です。

長らく音楽を能動的に楽しみたい、ギター弾けるようになりたいと、常に心の片隅で考えていました。なので、知識だけでも取り込もうとした結果、ダイアトニックコードやペンタといった、初歩の初歩だけは知識として持っていました。

しかし、それを実践に活かす術を知らず、また、ギターを人に習うなんてダサいという、それこそ本当にダサい考えに縛られていたこともあり、能動的に音楽を楽しんでいるとは程遠い精神状態にありました。

そうなると、能動的に楽しんでいるように見える他人が輝いて見え、劣等感に苛まれたりもしました。優劣でしか判断できない貧しいお話ですね。

半信半疑でフレーズ宅配便を受講し始め、しかし、先人の言うことに、まずは素直に従って傾聴するのが良いという先生の言葉がやけに腑に落ち、やっていく中で確かに自分に変化が起きているのを感じています。

第一に、ギターへの恐れがかなり消失しました。宅配便、アドリブ講座をこなす中で、ここを弾けばこんな音になるよな。こんなリズムならこうなるよな、そういう予測が立てられるようになり、それが概ね(自分的には)正解なので、恐れる必要がなくなったように思います。

第二に、これはアドリブ講座からの効果が顕著なように思いますが、好きなミュージシャンの曲のコードを、以前とは比べものにならないほど容易に拾えるようになったように感じています。合っているかどうかは検討の余地がありますが…。

キーの異なる、様々なジャンルのバッキングトラックに合わせてアドリブし、なんだこんな簡単なのかと納得することで、技術の向上より先に、心の方が変わった。音楽ってマジックじゃないんだなと思えたことが、なにより大きいのだと思います。

先生がメルマガなどで仰るとおり、ギター弾けても特別いいことがあるわけではないかもしれません。しかし自分は、能動的に音楽に向き合えることに無上の価値を見出してきました、ずっと長いこと。素直に、謙虚に、行けるとこまで行ければと思います。

突然失礼致しました。どうぞ体調にお気をつけください。今後ともよろしくお願い致します。

 

ここでは、この部分にコメントします。

なんだこんな簡単なのかと納得することで、技術の向上より先に、心の方が変わった。音楽ってマジックじゃないんだなと思えたことが、なにより大きいのだと思います。

 

そう、まずは体験なんです。

体験がないのになんとなくわかった気になるのは何もわかってないケースが多い。

 

そして、一度「簡単だ」と体験したら(つまり、心の方が変わると)悟るわけです。

それがこの場合は、「音楽ってマジックじゃない」という表現になっているのです。

 

 

で、ここまではMさんの文章を違う言い方にしているだけですが、話はここからです。

 

 

このMさんは僕のサービスを使うという「きっかけ」を掴むまで、「音楽はマジックのようなもの」だと思っていたわけです。

違う言い方にすると「音楽はセンス」とか「才能が重要」的なことを信じていたということです。

 

こういうことを信じていると「きっかけ」を掴むまでそれが修正されることはないのです。

きっかけが目の前に現れても掴むまで修正されることはないのです。

 

これは個人的には恐ろしいことだと思います。

 

ホントは音楽はセンスでもマジックでもなんでもない。

なのに、センス、マジックだと信じているとそういうものだと思ってしまう。

 

これは怖いことですよね。

可能性を活かせない。

よくよく考えると信じても何もいいことがないのに、そういうことを信じてしまう。

 

でも、そうとはわかっていても、センス才能マジックとしか思えないから難しいわけです。

 

 

なので、とにかく体験することが重要なのです。

 

 

とにかく弾く。

ダメだと思っても期限を決めずに弾く。

毎日弾く。

 

そういう体験を続けることが肝になったりします。

ある意味修行チックですがそうやるとその実践から勝手に色々見えてきます。

 

その中で必要な練習方法とか出てきたら、自然と反応できるようになるのです。

 

こうやって体験ベースでやってないとあれこれ、練習方法に手を出しても実らないのです。

実践が続かないからです。

 

だから、継続出来る力が重要なのです。

 

まずは何でもいいから弾き続けましょう。