音楽は無理にやるべきではない理由

昨日、こんなメールを頂きました。

私ごとですが
宅配便を受講してましたが
アドバンスも申込んだのが
嫁にバレてしまい
。。。言ったのに
どうしたものかと。。。

※宅配便、アドバンスというのは僕の有料サービスのことです。

僕はこのメールに返信しました。

ありがとうございます。

もし、話し合って喧嘩になるならアドバンスをやめましょう。

喧嘩してまでやる物ではないと思います。

なんでこんなことを言うと思いますか?

 

エレキギター演奏で最終的に決め手になるのは精神状態だからです。

 

 

ちなみに、この話はわからない場合は無理にわからなくて良いと思います。

僕もそんな風には思ってなかったのですから。

 

 

でも、ギターやっていくと最終的には心の問題になるのです。

 

 

もちろん、最初は技術だけを追い求めて良いと思いますし、それしか出来ない人が多いことでしょう。

でも、必ず心の問題が技術を上回り影響する事がわかる日が来ます。

 

それを事前に知って今から対策するか否かで未来は変わるでしょう。

 

そもそも、ギターを弾くという行為が続かなくなるかも知れないからです。

 

 

多くの人はうまくなりたい、自由に弾けるようになりたい、と望みます。

でも、そう望んでうまくならなかったときに人は継続をやめるのです。

 

継続をやめたら当然当初の「うまくなりたい」という目的は果たされません。

何も自分には残せなかった、となってしまいかねません。

 

 

だから、継続が重要なのです。

 

継続すればうまくなる、楽しくなる、実は貴重なプレゼントを受け取れる(これに関しては長くなるので話しません)

ところが継続をしようとすると技術だけでは限界が出てくるのです。

 

 

技術だけを追い求めると人は必ず他人と比較をします。

 

でも、そもそも音楽とは正解もゴールもない世界。

だからこそ自分らしくやればいいのに、他人と比較する。

 

もちろん、比較が技術を高めてくれる面もあるから全否定する気はありません。

でも、これはそのうち苦しくなります。

 

これは当然です。

他人との比較も終わりがないからです。

 

上には上がいます。

そのラットレースにチャレンジして音楽を楽しみ続けることは難しいでしょう。

 

 

つまり、技術ではなく、心の問題が出てくるのです。

 

練習も本番も他人と音を合わせるのも、楽しくありたいものです。

 

 

音楽はオリンピックじゃありません。

楽しむだけの心の余裕が必要になるのです。

それを知っておいてください。

 

最後までご覧いただいてありがとうごさいます。

 

 

追記

ちなみに、楽器演奏や音楽に心の問題が大きく影響することを知れるのがバッキング(伴奏)の追求実践です。

是非、他人と比べずバッキング頑張りましょう。

 

追記2

結局、この生徒さん、仲良く奥さんと和解したようです。

よかったよかった。