エレキギター上達の究極はこれだと思う

うちの生徒さんがくれたメールシリーズも今回で終わりです。

今までの話はこちら

独学は不可能(エレキギターだけではない)

エレキギターはセンス才能ではない

この生徒さんのメール引用

奥田先生

お世話になっております。Mと申します。

このメルマガの内容に則したお知らせではないかと思いますが、フレーズ宅配便、宅配便アドバンス、アドリブ講座を受けることで自分に起きた変化についてお知らせしたく、ご返信しております。
※フレーズ宅配便、アドバンス、アドリブ基礎講座というのは僕の有料サービスの事です。

長らく音楽を能動的に楽しみたい、ギター弾けるようになりたいと、常に心の片隅で考えていました。なので、知識だけでも取り込もうとした結果、ダイアトニックコードやペンタといった、初歩の初歩だけは知識として持っていました。

しかし、それを実践に活かす術を知らず、また、ギターを人に習うなんてダサいという、それこそ本当にダサい考えに縛られていたこともあり、能動的に音楽を楽しんでいるとは程遠い精神状態にありました。

そうなると、能動的に楽しんでいるように見える他人が輝いて見え、劣等感に苛まれたりもしました。優劣でしか判断できない貧しいお話ですね。

半信半疑でフレーズ宅配便を受講し始め、しかし、先人の言うことに、まずは素直に従って傾聴するのが良いという先生の言葉がやけに腑に落ち、やっていく中で確かに自分に変化が起きているのを感じています。

第一に、ギターへの恐れがかなり消失しました。宅配便、アドリブ講座をこなす中で、ここを弾けばこんな音になるよな。こんなリズムならこうなるよな、そういう予測が立てられるようになり、それが概ね(自分的には)正解なので、恐れる必要がなくなったように思います。

第二に、これはアドリブ講座からの効果が顕著なように思いますが、好きなミュージシャンの曲のコードを、以前とは比べものにならないほど容易に拾えるようになったように感じています。合っているかどうかは検討の余地がありますが…。

キーの異なる、様々なジャンルのバッキングトラックに合わせてアドリブし、なんだこんな簡単なのかと納得することで、技術の向上より先に、心の方が変わった。音楽ってマジックじゃないんだなと思えたことが、なにより大きいのだと思います。

先生がメルマガなどで仰るとおり、ギター弾けても特別いいことがあるわけではないかもしれません。しかし自分は、能動的に音楽に向き合えることに無上の価値を見出してきました、ずっと長いこと。素直に、謙虚に、行けるとこまで行ければと思います。

突然失礼致しました。どうぞ体調にお気をつけください。今後ともよろしくお願い致します。

最後はこちらにコメントします

先生がメルマガなどで仰るとおり、ギター弾けても特別いいことがあるわけではないかもしれません。しかし自分は、能動的に音楽に向き合えることに無上の価値を見出してきました、ずっと長いこと。素直に、謙虚に、行けるとこまで行ければと思います。

こう思える人は音楽を通してたくさんのことを手にすることが出来ると僕は思います。

 

僕が「ギター弾けても特別いいことがあるわけではない」というのは一般論。

 

僕はギターが弾けることで特別いいこと有りまくった人間です。

わかりやすいところで言えば、ギター弾けることで友達が出来て、家族が出来て、仕事になって、自分を信じてくれる生徒さんが集まるようになったのですから。

ギター弾ける事で特別いいことをたくさん経験させてもらいました。

 

でも、これは誰にでも起こるのか?と言われるとそうではないから一般論を話すわけです。

 

さて、ここで大切なのは「何故、誰にでも起こらないのか?」ということです。

ここが強調したいところです。

 

何故、ギター弾けても特別いいことがないのでしょうか?

特別いいことがなかった人とあった人。

何が違うのでしょうか?

 

僕の周りにも明らかに僕よりも天性のセンスをもっているミュージシャンがたくさんいました。

でも、彼らは僕よりも音楽で特別いいことがなかったのではないかと思います。

だから、続けてない。

結局、音楽をやめた人が多いのです。

 

さて、何が違うのでしょうか?

 

これは継続力です。

継続出来たかどうかが違うのです。

 

実は継続とはこの世でかなり難しいことの一つなのかもしれません。

 

継続するには、心の中に見返りを期待する部分があると破綻しやすいのです。

 

それがまだ、仕事のように生活に関わるものだと続けることはまだ楽です。

仮に仕事が嫌でも生活のために続けざるを得ないから。

だから、不満たらたらでも続けやすい。

仮に転職続きでも「仕事」はしているわけです。

 

これは見返りがあるからです。

 

でも、音楽のように生活に対する影響力が低いもの。

優先順位が下位になりやすいもの。

緊急事態のときに真っ先に手放されやすいもの。

 

こういうものを続けていくのは至難のようです。

ちょっと普通と違う視点で自分の生活や自分自身をみつめてないと難しいのです。

 

だから、Mさんのように音楽に価値を感じられるのは珍しいことなのです。

 

生徒さんに言うことに

「うまくなろうとするな」

と指導するのはうまくなる為という視点では続かなくなりやすいからです。

 

ギターはうまくなる方法を淡々と期待せずに続けることが重要なのです。

※楽器演奏は全部そうかも

 

これが出来る人はいかなる場面でもいい演奏が出来るように身体が「反応する」のです。

 

だから、兎にも角にも継続することを意識するのです。

それがあなたに音楽がもたらす「見返り」をわからせてくれます。