エレキギターを練習する時はここを意識すると良い

ちょっとイメージしてみてください。

 

努力せずともスキルや知識が身についた、しかも知らない間に。

 

こんなことが起こったらどうでしょう?

 

 

今の段階では出来るものとしてイメージしてみてください。

 

かなりテンション上がりませんか?

 

努力せずとも、知らない間に結果が出る。

こんな素晴らしいことが起こったらかなり素敵でしょう?

 

 

イメージしてもらっといてこんなことを言うのはアレですが、現実にこんなアホな話はありえません。

 

 

でも・・・・

努力感なく、スキルや知識を身につけた、しかも知らない間に。

これなら実は現実的なのです。

 

 

努力をなしにすることは出来ませんが、努力「感」をなくすことはできます。

 

これは同じではないのです。

 

 

努力をなしにする、とは具体的なアクションをなしにするということです。

ギターでいうならギター弾かない状態の事。

これで思うように弾けるようになるわけありません。

 

でも、努力感をなくす、というのは具体的なアクションはちゃんとやっている。

でも、努力している「感覚」がない状態のこと。

実はこれはかなり理想的です。

努力感のあるものは続きませんが、努力感がないものは続くからです。

 

 

練習してて楽しい、という状況はまさにこの努力感がない状況のことです。

だから、ここを目指すべきなのです。

 

 

努力感がない状態が出来上がったら望む結果は勝手にやってきます。

つまり、ギターを自由に、手足を扱うが如く弾けるようになりたいなら、努力感のない状況を作るのがベストなのです。

 

 

今日は長くなったので、続きはまた、次回以降にしますが、これはかなりのコツなので覚えておいてください。