エレキギターを基礎からやろうとしてうまくいかない人へ

同じやるなら基礎から徹底的に。

 

そう考える人は多いらしいです。

 

 

もちろん、この考え方は素晴らしいです。

安直にうまくなりたいという人よりずっと楽しく音楽できる人になる可能性が高いからです。

 

 

 

でも、現実にはギターは挫折率の高い楽器になっているのは変わらないのです。

そういう調査結果もあるようです。

 

 

 

素晴らしい考え方で練習しているのになんでこんなことになるのか?

 

 

長年ギター教えてきて、思うのは

 

余計なことを練習しているから

 

というのがその答えです。

 

 

 

 

基礎が必要だから

 

基礎練習をやり、スケール練習をやり、コードの勉強をして、理論を勉強して、イヤトレをやりリズムトレーニングをやる。

 

 

 

で、挫折する人が多いということは、これが基礎を作らないってことです。

 

 

 

 

じゃあ、どうやったら基礎を作る事が出来るのか?

 

これは基礎とは何かを把握することがスタートです。

 

 

 

先の

基礎練習をやり、スケール練習をやり、コードの勉強をして、理論を勉強して、イヤトレをやりリズムトレーニングをやる。

これは行為。

 

 

基礎を作るための行為です。

基礎の中にある沢山の要素の内の1つを満たすための行為です。

 

 

基礎とは沢山の要素が集まったもの。

だから一言で言えないんですよね。

 

 

演奏でぜったい外してはいけないものを外さず演奏できることも基礎でしょう。

演奏を支える身体の動かし方をマスターしていることも基礎でしょう。

指が動くようになっていることも基礎だし、タブ譜が読めることも基礎なんです。

 

 

だから、まずは今の自分に必要な基礎は何なのか?

それを考えることは実はエレキギターの初心者さんが素早く上達する上では重要だと思います。

 

 

 

ちなみに一番影響力が有る基礎の1つがコレだと僕は思います。

音楽の構成要素 │ ギター練習のための音楽構成要素