エレキギターを弾きながら音楽センスを高めるには?

「先生が教えてくれたことって誰も教えてくれませんでした。本に書いてあるとおり、ウェブのサイトに書かれているとおりにやってたら今頃絶対やめてたと思います」

 

昨日、体験レッスンをやった時の生徒さんが口にしたセリフです。

 

本に書いてあるとおり、ウェブのサイトに書かれているとおりにやってたら今頃絶対やめてたと思います

このコメントの意味はとても大きいと個人的に思っています。

 

僕も例にもれずそうなのですが、本に書いてあったりするとそのとおりにやろうとします。

でも、それが上達はおろか、継続も難しくしてしまうことはよくあることなのです。

 

 

何故でしょうか。

実践者にとって内容が難しいからです。

 

でも、その内容が必要なことだと思い込んでるから頑張ろうとします。

ところが、その頑張りは長く続きません。

だから、当然やめることになります。

 

 

ここで考える価値があるのは、

本当にその内容は「そのままやることが」必要なのか?という点です。

 

 

例えば、Fコードで挫折する、なんていうのは昔から有名な挫折ポイントです。

 

でも、Fコードちゃんと押さえられるようにならないといけないのか?と言われるとどうでしょうか。

そもそも、なんでちゃんと押さえられるようにならないといけないのか?と言われるとどうでしょうか。

 

 

ちゃんと押さえられるようになることには目的があるはずです。

 

この場合は、Fの響きがほしいからです。

その響きがそのフレーズに必要だったのです。

ということは、Fのような響きが得られたら何でも良いわけです。

 

 

こういう部分はあまり語られません。

なぜなら、ケースによって違うからです。

 

 

でも、共通しているのは音で判断しているってことです。

音さえ良ければ何でも良いのです。

 

そういう視点で練習することは音楽センスを磨くことになると思います。

情報にとらわれずに音で判断できるようになると音楽は楽に楽しくなりますよ。

 

 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

 

 

追記

ちなみに、こういうことをトレーニングするにもバッキング(伴奏)の練習をするとやりやすいです。

好きな曲のバッキング練習で、こういうセンスを自分なりにで良いので磨きましょう。