ジャズの神様が残した楽器演奏の真理

マイルス・デイビスというミュージシャンをご存知でしょうか。

 

ギタリストはあまり馴染みが無いかも知れませんが、ジャズとか好きな人は知らない人を探す方が難しいかもというミュージシャンです。

かなり神格化されています。

 

僕はジャズとかは得意ではないし、さほど興味もありません。

ただ、有名な方らしいので、当時、アルバム聞いてみたのですが、やっぱり全然ピンと来ませんでした。

 

 

さて。

さっきたまたまツイッターでこんな言葉に出会いました。

 

想像力がないってことは、才能がないってこと

 

個人的にすごく響きました。

全く同意しているからです。

 

「誰の言葉だ、これ」

と思って見てみるとマイルスでした。

 

 

現にどんなことでもそうですが、イメージできないことを人は実現することは出来ません。

 

音楽も全くそうなのです。

演奏なんかはわかりやすくて、イメージ以上にはなりません。

 

だから、イメージ出来る事、というのは財産なのです。

 

 

多くの人は技術力を高めることを練習だと思っています。

でも、本当の練習は技術力の向上と同時にセンス、感覚、イメージを強化するものなのです。

 

 

で、そういうセンス、感覚、イメージというのは同じフレーズを何度も見聞きして初めて養われるのです。

その意味でも普段からバッキング練習を勧める理由がここにもあります。

 

なぜなら、バッキング練習はやると何度も同じフレーズを耳にするからです。

技術力とセンス感覚イメージを同時に改善させやすいのはバッキングなのです。

 

ということで、バッキングをやりましょう。

 

 

 

追記

ちなみにマイルスは調べて見たら他にもミュージシャンのヒントになるような言葉をたくさん残しているのでまた、紹介します。

 

追記2

そして、時を経てからマイルスを聞くと前よりもかっこいいと感じるようになりました。

こういうときに成長を感じますね 笑