エレキギターの上達以前の話

「やっぱりすぐに弾けるわけではなく、そのコードくらいは弾かないとダメなんですね・・・」

オープンコードの話をしたときに言われたセリフです。

 

僕がHPやらなんやらで「簡単に、短期間で、ストレスなくギターは弾ける」とか書いてるからでしょう。

ギター弾かなくても弾けるようになるかのように誤解されたようです。

 

でも・・・

常識で考えましょう。

 

弾かなければ弾けるようにならないのなんて当然。

 

僕はコードを覚える必要もないと思ってます。

だって、コード押さえる絵(ダイアグラム)を見ながら弾いてたら勝手に身体が覚えるものだからです。

勝手に覚えるならわざわざ覚えようとするのはストレスを生むだけです。

 

スケール練習もさせません。

目的によるからです。

 

アドリブしたいならやっても意味があるかもしれません。

でも、普通に弾きたいだけなら必要でしょうか?

どこで使うんでしょうか。

 

弾けるようになりたいなら弾けるようになるためのプロセスというのが存在します。

 

料理のレシピは誰がやっても同じようになります。

レシピ通りやれば。

 

ギターにも料理のレシピがあるんです。

それをやればいいだけです。

 

オープンコードでいうなら、押さえる場所見ながら、何回も弾いてたら勝手に覚えるよ、というだけのことです。

でも、無目的にランダムにコード選んで弾いても意味ないから、弾きたい曲のコードでやろうというだけのこと。

指使いも知ってて、身体の使い方も知ってて、無理なく出来る1日の練習時間やプランも知ってて、それでもなお、出来ないと言われたら、もはや、心の問題でしょう。

 

本当は弾きたい人ではないのかもしれません。

弾きたいけどギターをなめているのかもしれません。

何があるのか知らないけど、色々心の問題があると考えるしかないわけです。

 

それさえ出来ないならやめるしか道は残されないでしょう。

そういう現実になることでしょう。

なぜなら、弾けるようになるのに時間が大きくかかるからです。

 

結局、この方は開始早々挫折されました。(それで良いのです、この方にとって幸運です)

 

当たり前のことなのですが、ギターなんてやるべきことをやったらいいだけのことです。

弾けるようになる、とか上達する、なんてのは誰でも体験出来ること。

センス関係ない話なのです。

 

でも・・・

 

自分がイメージできないから

やり方がわからないから

ちゃんとできてるのか不安

無駄なことはしたくない

弾くのめんどくさい

 

等々、言い訳並べて弾かなければ弾けるようになるわけありません。

 

弾けるようになりたいなら弾きましょう。

うまくなりたいなら弾きましょう。

ちゃんと結果が出ることをやるのです。

 

 

超基本だと個人的には思います。

これを読んでいるあなたはまさかこんな問題は抱えてないでしょう。

 

でも、これがないと話にならないのです。

当たり前のように弾いて当たり前のように弾けるように、うまくなりましょう。

 

弾けばうまくなるのです。

どーせうまくなるのだから感謝して弾けばいいだけです。

 

 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

 

 

 

追記

ちなみに、好きなものを弾いてたらいいと思います。

でも、効率よくうまくなりたいなら、バッキング(伴奏)です。

 

うまくなるだけでなく、人と演奏するようになったときに「やっててよかった」とわかるものですから。