イチローのアドバイスはエレキギターにも通ずる

こんなの見つけました。

 

これを見た上でこの先をご覧になってください。

 

 

ここで、イチローさんは走るのが速くなるコツとして「走り方を変えると良い」といっています。

 

これ、ギターでもそうなんです。

ギターに置き換えるなら、弾き方を変えたら良いってことになります。

 

先の動画では「自分に合う走り方を見つけよう」といっています。

これもギターで通用します。

自分に合う弾き方を見つけるんです。

 

 

で。

ここで問題はどうやって自分に合う走り方を見つけるのかということです。

ギターで言うなら自分に合う弾き方をどうやって見つけるのか?ということです。

 

 

先の動画ではこの点に触れられていません。

多分、答えは言うまでもないからこそ語られてないんでしょう。

 

 

じゃあ、答えは何か?

走ることです。

実際に走ってみて走り方をテストするわけです。

 

ギターも同じ。

弾くことが基本。

弾いてみて弾きやすさや出音、そもそも弾けるのか?ということをテストするわけです。

 

その際に使えるのがバッキング(伴奏)なのです。

そもそも、フレーズの仕組みがシンプルだから弾き方を見直すのにももってこいなのです。

 

 

だから、こういう弾き方を見つけていくのにもバッキングは使える、ということです。

なので、レッツバッキングです。

 

 

最後までご覧いただいてありがとうございます。