> 音の長さを譜面通りきっちり確保する、

>

> これとても重要ですね。

>

> 自分の演奏を聞き返して、

> リズムはおかしくないのに

> なんか変な感じだな、というときは、

> ちゃんと音を伸ばせてなかったり、

> 逆に切れてなかったりするように思います。

>

> フレーズじたいは弾けているのに、

> 聴いた人はしょぼいと感じるなら、

> それはもう弾けているとは言えない気がして

> 怖くなりました…。

>

> 今まではトーンとリズム、

> このうちトーンにばかり目が行ってしまって。

>

> リズム練習は肉体的にも精神的にも

> 「クる」ので、避けていたように思いますが

> ここで軌道修正できてよかったです。

 

先のコメントはうちの生徒さんの

コメントです。

 

> フレーズじたいは弾けているのに、

> 聴いた人はしょぼいと感じるなら、

> それはもう弾けているとは言えない気がして

> 怖くなりました…。

 

ここがとても印象的でした。

 

弾けてるけど、リスナーがイマイチと感じる。

 

これはギタリストなら

一度は体験する残念体験なのでは

ないでしょうか。

 

ここで

俺はセンスがない

ということも出来るでしょう。

 

リスナーの耳がおかしい

ということも出来るでしょう。

 

でも、こういうものの捉え方をしても

状況はよくなりません。

 

ここで

なにか見えてない点があるはずだ

なにかカバーできてない点があるはずだ

なにかおかしい点があるはずだ

 

そう思えたら状況は変わるでしょう。

 

よーく考えてみましょう。

あなたの演奏を聞いてくれる人は

だれなのか?と。

 

プロのギタリストですか?

 

それとも同じように趣味で

ギター弾いている人ですか?

 

それともギター弾いたことがない

音楽は聞くのが好きという人でしょうか?

 

最後の人が圧倒的に多いでしょう?

 

じゃあ、その人たちに

あなたの頑張りは見えるのか?

 

ということです。

 

その人たちがあなたの演奏技術とか、

機材とか、理論とか

理解してくれるんでしょうか?

 

ということです。

 

答えはNOでしょう。

 

でも、彼らは音楽を聴き比べたときに

どっちがいいか、どっちが心地良いかを

判断することは出来る。

 

何を持って判断してるんでしょうか?

 

その答えがリズムです。

 

リズムはとても本能的に、直感的に

捉えることができるからです。

 

だから、リズムを大事にするギタリストは

スルスルうまくいくけど

そうじゃないギタリストは苦しむのです。

 

ここに氣付いたなら今からリズムを

大事にしていきましょう。

 

追記

もちろん、トーンが重要ではないとは

いいません。

 

でも、トーンというのは

リズムありきなのです。

 

だから、リズムを優先させるのです。