「え?マジで?」

 

僕は机の前で横に座っている男の声に

耳を傾けていました。

 

彼は僕に向ってこう言ったのです…。

 

「公式は覚えるな」

 

今まで聞いたことがないアドバイス。

 

なぜなら、当時の僕は

こう教わっていたからです。

 

「この問題はこの公式に当てはめると

〇〇になるよね。だから、こうやって

解くんです。」

 

と。

 

つまり、数学では公式がまずあって、

それを昔のえらい人が見つけてくれたから

それを使って問題を解くのだ、という教え。

 

何の疑いもなく「そういうもんだ」と

思っていました。

 

でも、「公式は覚えるな」と言われると

記憶が蘇ってきたのです。

 

「なんでこの公式になったんだろう?」

「なんでこの公式使わなあかんの?」

「この公式見つけたやつはなんでこんなもん

見つける必要があったんだろう?」

 

過去に純粋にこう思った記憶。

 

でも、テストで問題を解かないと

いけないから問題の解き方を覚えるために

封印した記憶。

 

でも、僕の横に座っていた男は

衝撃を受けている僕を無視して

こう続けました。

 

「覚えて忘れたら終わるやろ。」

 

奧田

「確かに…」

 

「だから、公式は忘れたらその場で作れ。

そうしたら忘れても困らない。」

 

奧田

「え…?」

 

「どうやって作ったのか教科書に

書いてあるんやし」

 

奧田

「マジで!?」

 

こう言われた後、三角形の面積を出す公式は

どうやって作られたのかを教わりました。

 

これが僕の人生を変えました。

 

一番核の部分を掴んだ瞬間です。

 

その1ヶ月後、僕は数学では

秀才扱いされるようになりました。

 

そして、高校卒業するまで僕はずっと

秀才扱いをされるというそれまでの人生では

考えられないことが起こってしまったのです。

 

 

さて。

 

実は、音楽にもこういうことはよくあります。

 

自分なりに一生懸命やっているけど、

なんかうまくならない。

 

自分なりにお金はたいて本とか買って

やっているけど、なんかうまくならないし、

評価もされない。

 

自分なりにやっているのに

続けていくのに虚しさを感じる…

 

こんな風に、努力が報われないという体験は

徒労感を産みます。

 

何が結果を左右するのでしょうか?

 

僕の数学体験と同じ様に

核を掴んだら良いのです。

 

では、ギターにおいて

「核」とは何でしょうか?

 

ギターの場合、核は1つではありませんが…

 

演奏時の身体の使い方は「核」の1つです。

 

なぜなら、ギターは左右の手の動きで

弾いているからです。

 

つまり、言い換えたら「身体の使い方」です。

 

 

想像してください。

 

もし、今までよりもピッキングがスムーズに、

弦の抵抗を感じない弾き方が出来たら

どうなるでしょうか?

 

もし、今までよりも指が速く、ラクに動いて

思ったところにスッと指がいって

指板を駆け巡るようなフィンガリングが

出来たらどうなるでしょうか?

 

ピッキングもフィンガリングもスムーズに

思うように動くのであれば、

あなたのギター演奏はどうなるでしょうか?

 

是非、イメージしてみてください。

 

それが身体の使い方を変えたときに

期待できることなのですから。

 

それまで数学がクルクルパーで

バカにされていた16歳の高校生が

1ヶ月で秀才になったように…

 

あなたのギターも大変身する可能性は

いつも開かれているのです。