継続するための2つのアプローチ

ギターで最も大事な事はこれです。

結局、エレキギターを弾けるようになるのに一番大事なことはこれ

 

ただ、この継続というのが厄介で。

 

何をしたら継続するのか?というのがはっきりしてないことがほとんどです。

 

 

 

で、物事には目に見えるアプローチと見えないアプローチがあります。

継続するというテーマもこの2つのアプローチが適切だと起こる結果です。

 

 

例えば、コピーするという練習方法があります。

好きな曲をそのまま真似して弾くという練習方法です。

 

これは基本の練習方法ですが、じゃあ、みんなこれをやると同じ結果になるか?と言われるとそうではありません。

 

なぜなら、目に見えるアプローチと見えないアプローチがあるからです。

 

 

同じコピーでも

具体的なステップを知って練習する、というのは目に見えるアプローチ。

 

でも、どんなことを考えて練習するか?は見えないアプローチです。

 

 

例えば、具体的なステップを知って練習しているとします。

でも、ここでだれかを見返すために頑張っている人と誰かを喜ばせるために練習している人では結果が全然違います。

 

同じうまくなるにしてもそのスピード感が違ったり、実際に人前で演奏するときのプレッシャーの度合いが違ったり。

練習の途中でひらめく頻度や内容も違う。

 

結果,大きな差が生まれます。

 

 

だから、もし、あなたが基礎練習、スケール練習、練習曲、練習のやり方みたいな目に見えるアプローチばっかり追いかける傾向にあるなら・・・

目に見えない部分を見直すとバランスが取れます。

 

逆に、もし、あなたが考えることばかりに傾倒して、実際にギター弾く時間が極端に少ないなら目に見える部分を修正するとバランスが取れます。

 

 

このようにやると勝手に継続します。

 

方法とマインド。

この2つのバランスが必要だということです。

 

 

 

もちろん、一人ひとりどんなバランスが良いのかは異なるでしょうが、これをやるとバランスが取れる、というのがあります。

 

それが・・・

感謝しながらバッキング(伴奏)練習。

聞き手のことを思いやりながらバッキング(伴奏)練習です。

 

これはあなたがどんな段階にあろうが機能します。

継続なんて勝手におこります。

 

やり続けたらわかることですからよかったらやってみてください。

 

 

最後までご覧いただいてありがとうごさいます。