compare-the-incomparable

ギターを人に教えていると
こんな事を聞かされることがあります。

「あの人は自分よりうまい」
「あんな風には弾けない」
「自分にはセンスが無い」

等々。

周りにギターを同じ様にやっている人がいる場合は
よく経験するみたいですが、いかがでしょうか。

まぁ、こういうことを考えると
やる気なんてなくなってもおかしくありません。

でも・・・・

ご存じですか?

この感情は何から発生するのかを。

 

ギターのモチベーションを下げてしまう元凶

害になっている感情を生み出す元・・・

それは意味のない比較です。

「意味のない」と断っいるだけあり
比較と一言で言っても色々あるのですが・・・

ここで重要なのは「意味のない比較」とは何かということですね。

 

ギターの挫折につながってしまう「意味のない比較」とは何か?

意味のない比較とは・・・

お手本にする人のプレイ以外との比較です。

よくあるのは、
「友達があんなに上手」
「ライブハウスで一緒だった〇〇というバンドの誰々は・・」
といったように同じ音楽をやっている人との比較です。

もちろん、それが
「くっそー、俺もやってやるぜ!」
という感じでモチベーションが上がるものならOKですが
それが原因でヘタってしまうならそれほど害をもたらすものはありません。

実際に周りで音楽をやっている人と比べると
「あの人は自分よりうまい」
「あんな風には弾けない」
「自分にはセンスが無い」
等々の感情を人は比較により抱くことが多いのです。

 

ギター練習よりも大事な事

僕たちは何のためにギターや音楽をやっているんでしょうか?

優越性、劣等性は音楽に持ち込む意味がありません。
わざわざ苦しむ必要はないのです。

自分の出している音楽を認める。

ギターの技術や練習なんかよりも
ずっと大事なことだと個人的には思います。

いかがでしょうか。

やる気のなくなる感情を吹き出させる様な
比較ならやらなくても良いと思いませんか?

 

追記

もちろん、お手本にしているプレイと
自分のプレイは徹底的に比較するべきですので
そこは徹底的に比較してくださいね。