ギターや音楽のものの見方を変えるために必要なこと
PublicDomainPictures / Pixabay

ものの見方を変えるとギターはうまくなる、というテーマでここんとこ記事を書いています。

ギターの練習方法は実は必要ない

ものの見方を変えるギターが上達するのはなぜか?

で。
今回は何をやると「ものの見方」が変わるのか?と言うことを書こうかと思います。

 

ものの見方を変えるには?

これは体験が必要なのです。

人は体験によって学びます。
「学び」というと机に向かって勉強するみたいなイメージを持つかも知れませんが、それも「本を読む」という「体験」なのです。

ただ、ココで言っている「体験」と言うのは机に向かって勉強する、というようなタイプの体験ではありません。

実際に体を動かしてギターを弾いてアイデアを実践する。
人と音楽を実際にやる。

こういったリアルな体験です。
こういう体験から人は学ぶのです。

 

体験するために必要なもの

で。
こういう話になると決まって耳にするのが

時間がない・・・
バンド組んでない・・・

みたいな声です。

「時間がないとどうしようも出来ない」
「バンドを組んでないとどうしようも出来ない」
というわけですね。

そして、
「時間を捻出出来ない」
「バンドを組むのに不安がある」
みたいな思いも同時にあることがほとんどです。

これは確かにそうで。
時間をどう捻出していいのかも知らないし、バンドを組んで「下手くそ」呼ばわりされるのも普通は怖いですよね。
だから、どうしても時間を作ったり、人と合わせるのが難しくなるわけです。

だったら、ギターうまくなるのは諦めるのか?と言われたらそれは嫌。

結果、「趣味だからゆっくりやろう」という態度になる。
※ココは長くなるので割愛しますが、「趣味だからゆっくりやろう」はおかしいのです。

うまくなることは出来ないけど、うまくなることを希望しているというチグハグなことになってしまいます。

じゃあ、どうするか?

これは環境を(無理矢理にでも)変えることなのです。

時間を捻出出来ないなら捻出せざるを得なくなる環境にしてしまう。
バンドを組むのが怖いけど、無理やり組んでしまう。

「出来ない」ベースで考えるのではなく、「出来る」ベースで考えることです。
このようにして環境に着目することで今まで無理だと思っていた状況は変えることが出来るのです。

あなたの環境は大丈夫でしょうか?