ギターは指の運動だと思っている人が見落としていると感じる事

「ギターは指の運動だ」
「ギターは練習というよりも運動だ」

こういう考え方があります。
僕も基本賛成ですが、実はこれ、盲点があると思うのです。

ギターは指の運動だと思っている人が見落としていると思っていること

ギターは指の運動だと思っている人が見落としていると思っていること、それは・・・

運動にも段階がある

というとこです。

ギターは運動として捉えるとうまくいくのは確かにそうです。
そして、運動として捉えているからこそフォームも重要になってきます。

でも、その運動方法やフォームに答えがひとつしか無いと考えるのは個人的には間違っていると思うのです。
なぜなら、手の大きさや動作のスタイルは人によって違うから。

手の大きさが違っていたら当然答えは複数現れますし、動かしやすい、動かしにくい、といった動作のスタイルも人によって違うのです。
だから、折りに触れ、色々やってみるのが一人でギターを学んでいる人がやるべきことだと思うのです。

僕が普段、レッスンでやっていることはフォームと動かし方を生徒さんひとりひとりにマッチさせることなのです。

ただ、一人でやっている場合は自分で試行錯誤するしかありません。
なので、自分にあったスタイルがあると思って何が一番やりやすいのか?という目で色々試してみてくださいね。