ギター練習時間を倍増させるには日常を利用すること

普段生徒さんたちに教えることの中で
重要なモノ、と言うか、
超根本的なものがあるので
それをご紹介します。

これが出来るとあなたのギター練習時間は
何倍にもなります。

当然ですが、練習時間が増えたら
弾けるようになるのは当然なのです。

しかも、素早く。

リアルな ギター練習はどんな状況か?

これは僕の生徒さんに限らず、
ギターを練習している人って
どんな状況で練習しているのでしょうか?

あなたはどうですか?

バンドを組んでいる人なら
誰かと音楽をやっている時間ありますよね。

ギター教室にかよっている人であれば
講師と一緒にギターを弾いている時間がありますよね。

でも、仮にそうだったとしても
ギターを弾いている時間をすべてトータルで見た時に
どんな状況で弾いているのでしょうか?

これ。
ひとりで部屋で弾いている
これが一般的ではないでしょうか?

もし、ここであなたが「YES」なら
練習時間は何分くらいでしょうか?
どんぶり勘定で構いませんので
ちょっと考えてみてください。

・・・

一つ例を出しましょう。
ここで仮に、1日の練習時間が30分だったとします。

じゃあ、これが60分になったら?
120分になったら?
180分になったら?

ギター上達は当然素早く起こりそうですよね。

実際、これ、起こります。

当然の事ですが、時間をかけている人と
そうじゃない人とを比べたら
時間をかけいている人の方が
上達は速いです。

そして、速く上達するからこそ
ギターの楽しみも速く実感できるし、
結果的にギターの面白さを理解しているから
継続するわけです。

しかし。

30分の練習時間を伸ばすことなんか物理的に無理。

こういう方は多いはずです。

特に学生さんならいざしらず、
サラリーマンとか多忙な仕事をしている場合は
練習時間なんか採れて1時間が良いところだと思います。

だからこそ今回のアイデアが活きるのです。

ギター練習時間を倍増させる方法

これは日常を活用することです。

これは一つ実例を出すとわかりやすいので
実例を示します。

先日、僕はある生徒さんにレッスンをしました。
ちなみにこの生徒さんは女性です。

彼女に僕は脱力を教えました。
そんなレッスンの後日。
彼女からこんなメールが届きました。
以下引用です。

〇〇に力を入れない生活4日目ですが
意識をしてみると、
逆に力を入れていない時の方が少ないことに
驚愕しています。

まずは、レッスンでアドバイスいただいたことを
取り敢えず全て試してみる毎日です。

これが日常を活用する実例です。

これも彼女に教えたことなのですが、
何か一つアイデアを仕入れたら
日常でそれを使えるシチュエーションはないかと考える

彼女の場合は身体の使い方なので
日常でその動きを使える局面なんかいくらでもあるんですよね。

ギターを弾くというのは所詮
物理運動、身体の使い方です。

ホントはもっと奥深いものかもしれませんが
そんな深いことは後からやれば良いのです。
身体の使い方で解決する部分は
まずはさっさと解決してしまえば良いのです。

こうなると日常でギターを持ってない時間でも
実はギターの練習になるわけです。

おまけに、彼女のように気づきが得られたら
一石二鳥です。

アドバイスをすべて試してみよう、みたいな感じで
やる気にもなるのでおすすめです。

是非、あなたもやっているギターの練習の中で
日常生活に活かせないものはないか考えてみてくださいね。

 

追記

ちなみに、こういうことが出来ると
周りとも差をつけることが出来るので
ひっそりうまくなる、なんてことも可能です(笑)