タブ譜はギタリストにとって
とてもありがたいツールですよね。

タブ譜があるからギターに取り組む事が
簡単にできるようになったと言っても
過言ではありません。

なので、初めはタブ譜には
たくさんお世話になるでしょう。

今回はそんなタブ譜のメリットを
お伝えしたいと思います。

 

タブ譜の持つメリット

タブ譜のメリットは
いまさら言うまでもないのですが、

おたまじゃくしを読む必要がない

これが最大のメリットです。

タブ譜はプレイがどのポジションで
弾かれているかを示すものです。

だから、普通にタブ譜通りに弾く練習を
するとそのプレイは弾けるようになります。

わざわざおたまじゃくしを苦労して読む必要が無い。

このシンプルさがギター初心者でもギターが弾ける原因なのです。

そして、これがタブ譜の最大のメリットなのです。

 

タブ譜のメリットを活かす方法

「メリットひとつかよ」

と思うかも知れませんが、このたった1つのメリットが
初心者のあなたにとっては大きいと思います。

いきなり、曲を聞かさせられて、
耳で音をとれと言われても難しいですよね。

耳で音をとってどこで弾いているのかギターで試行錯誤する・・・

それは確かに大きな成長に繋がるでしょうが、
それにかかる時間と労力が半端ないのも事実です。

そして、初心者というのは知識もスキルも
経験もまだ持っていない状態です。

だったら、この最大のメリットを活かして
コピーするフレーズの数を増やす方が賢いと思います。

上手くいかなくなったら色々調べるでしょう。

その過程で演奏スキルは身に付きます。

そして、それらはすべて経験になります。

だったら、コピーしたと言う経験をたくさん積むのが効率的です。

だから・・・

タブ譜をつかってどんどんフレーズを弾こうとする。

これがタブ譜のメリットを最大限に活かす方法だと思います。

是非、たくさんのフレーズに挑戦してくださいね。

記事読んで頂いてありがとうございました。