ゆっくり弾くというギター練習方法の本当の意味

ギターの練習方法に
「ゆっくり弾け」
というのがあります。

聞いたことがないでしょうか?

いろんなプロギタリストが言っているので
聞いたことがあるかもしれません。

でも、これって多くの人が本当の意味を知りません。

あなたは「ゆっくり弾け」という方法の
本当の意味をご存じでしょうか?

「ゆっくり弾け」の意味がわかると
あなたのギター練習は格段に効率がよくなります。

結果、曲やフレーズが弾けるようになるまでの
スピードが速くなるでしょう。

逆にこの意味を知らないというだけで
練習効率はものすごく下がります。

たった1曲弾くのに半年とか1年とかかかってしまうことも・・・

時間がかかればかかるほど
ギターの練習なんてのは続かなくなるものですよね。

だから、「ゆっくり弾け」という教えの
本当の意味を是非、知ってください。

「ゆっくり弾け」というギター練習法の本当の意味

これは「リズムをあわせて」というのが前提にあるのです。

これをギター練習で悩む人ほど出来てない人が多いです。

原曲をゆっくり弾くのだからリズムがずれたらいけないのは
言われてみたら当たり前の様に感じるのだけど、
弾けないフレーズに遭遇した時に
多くの人は左手の指の動きに慣れる事を優先させてしまうのです。

勿論、指の動きに慣れていけないわけではないし、
そういうことをやる段階は絶対に必要ですが、
指の動きに慣れている間にゆっくり弾くという言葉の意味が
見えなくなってしまうのです。

例えば、このフレーズを弾きたいとします。

お手本フレーズ
↓   ↓   ↓

でも、この速さで弾けない時、こうなっていたら
「ゆっくり」弾けているわけです。
↓   ↓   ↓

でも、指の動きに慣れる事を優先させすぎると
こうなるわけです。
↓   ↓   ↓


これ、元のフレーズと同じ様に聞こえますか?

聞こえませんよね。

ゆっくり弾くって言うのは
お手本フレーズをスピード「のみ」を遅くしただけであって
リズムは何も変わらない、

ということを覚えておいてください。

これがわかっているだけでも
あなたの練習は1段、質が良くなっているはずです。