ギターの練習は方法や基礎やスケールコードじゃない

ギターの練習というと多くの人は

  • 難しい
  • 曲を弾く
  • 練習フレーズを弾く

というようなイメージを持っている方は多いです。

あなたはどうでしょうか?

ギターの練習というとどんなイメージを持っていますか?

いわゆる「センス」が必要だと思っていませんか?

もし、あなたがさっきお伝えしたようなイメージを持っているならこれから考えが変わるかもしれませんね。

 

ギターは練習方法なんかどーでも良い

いきなり刺激的なタイトルをつけましたが、まさにそうなのです。
普通は「ギター練習する」というと

  • スケールが・・・
  • コードが・・・
  • 基礎が・・・
  • 練習曲、フレーズが・・・

みたいな印象を持っている人は多いですし、だからこそやらないといけないことが満載、みたいな印象ですよね。

でも、こと、ギターを弾けるようにするという目的だけに特化すると大事なことはさっきあげたようなことではありません。

大事なのは
身体をしかるべき動きに慣れさせる。

この一点です。
基本、この視点だけで、ある程度弾けるようになります。

速弾きとかそういうのでも基本はこういう発想をちゃんと突き詰めないとなかなか実のある速弾きにはならないと僕は感じています。

身体のしかるべき動きというのを本やDVDや人から教われば良いわけです。

練習方法とかスケールとかコードとか基礎とか難しいことはどーでも良いのです。

シンプルに身体の動きを覚える。
センスではないのです。

もちろん、センスをフル活用して弾く段階というのはあるのですが、それはギターを弾くという動きを身体に覚えさせているという段階のずっと後。
つまり、ギター初心者にとってはもっと先の話なのです。

身体のうごき、つまり左右の手のコンビネーションという物理的な動きとしてギターを捉える。

物理的な運動としてギターを捕らえるとあなたのギターは変化する可能性が高いです。

ご参考にしてみてくださいね。

 

追記

ちなみに身体の動きを覚えるための具体策がコピーです。
そのコピーに特化して無料メール講座を開放しています。
こちらからご登録できますので良かったらどうぞ。

ギター初心者のためのコピーノウハウ