ギター初心者は「力み」をどう考えるべきか?

ギターを弾いていると感じるのが身体の力み。
特に難しいフレーズや慣れてないフレーズを弾くときにはよく起こる現象です。

この「力み」とどう付き合っていますか?
ここを改善させると色々ギターでは良いことがあるのですが付き合い方を間違えるとなかなかうまくならないのも事実だと思います。

この記事ではギターの「力み」について考えてみましょう。

そもそもギターで力むのはダメなことなのか?

そもそもギターで「力み」はNGとされていますが、実際はどうでしょうか?
僕自身のプレーヤーとしての経験と講師としての経験から言うとたしかにNGです。
なぜなら力んでいると身体がずっと緊張しているからです。

緊張していると当然身体と言うのは動かしにくいものです。
実際、ここらへんの感覚がわからない場合は身体のどこでも良いのでずっと力を入れ続けるとわかります。
その力をいれた箇所がつってくるはずです。
※足とかでやるとわかりやすいかもしれません。

ギターの場合は流石につることはさほどないと思いますが、ずっと力んでいるとつってしまうわけですから力んでいて良い訳がありません。

しかし、ギターの「力み」ほどやっかいなものもない。

ただ、この「力み」ほど扱いに困るものはないとも思うのです。
なぜならリラックスさせようとしていきなり出来るものではないからです。
しかも、個人的には物理的なことだけではなく心理的な部分も絡んでくるという実感があるから余計に他人に脱力を「させる」事は難しいと思うわけです。

特にギター初心者さんは「力み」と言うものをコントロールしている余裕がないことが多いです。
これは当然の事でギターを弾くときの身体の動きに全神経を集中させないとフレーズがそもそも弾けないという段階にある方がギター初心者さんには多いからです。

ギター初心者さんの「力み」との付き合い方

「じゃあ、ギター初心者さんは「力み」とどう付き合うか?」
ということが問題になるわけですが、これは・・・
力みをコントロールしないこと
というのがコツです。
力んでしまうのは仕方ないと割り切ることです。

力みを考える以前に身体にフレーズが馴染んでなかったりするケースが多いからまずは身体にフレーズをなじませるという作業が必要になるわけです。
なのでギター初心者さんはまずは「力み」の事は一旦忘れてフレーズを身体になじませる事が先決になると思います。

もし、脱力した方が良いと躍起になっている場合は一度自分のやっているフレーズが身体に馴染んでいるのかチェックしてみてくださいね。