弾き語りギターのリズム | ストロークパターンの決め方

 

弾き語りでよく弾かれるギタープレイ。

コードをメインに弾いていく際に多くの人が困るのがリズムです。

ストロークパターンが決められないというわけです。

それに関してひとつアイデアをシェアしようと思います。

 

こんな質問を頂きました。

ストロークパターンが分からないという質問を受けました。

ギターコード引き(曲のフレーズコピー)を練習をしています。

質問なのですが原曲を聞いてもなかなか右手のストロークが納得いくものができません。

そういう時はどのようなアプローチでやっていけばいいでしょうか?

厚かましいお願いですがアドバイスよろしくお願いします。

Sさん

こんな感じの質問です。

あなたも同じような経験ありませんか?

 

弾き語りギターのリズム、ストロークパターンの決め方

要は弾き語りでよく聞かれる様なギタープレイのリズムパターン(ストロークパターン)が決められないという質問ですが、これは実は非常に難しいです。

インスタントにすぐに解決する方法がない、と言う意味で難しいです。

やり方としてはストロークパターンを沢山練習して沢山のストロークパターンを経験するというのが正攻法だとおもいます。

沢山のストロークパターンを弾くと言う体験をすることでリズムパターンの記憶をあなたの中に沢山作るというのが前提にないとなかなかコレは決めることが出来ないと思います。

これがベースにあると後はその中から合いそうなものを選ぶだけなので、このベースさえ作れてしまえば簡単なのです。

ただ、この自分が体験したリズムパターンの中からどういう基準で選ぶのか?と言うのが重要ですよね。

そこでこの基準をお話します。

 

ストロークパターンを選ぶ際の基準

コレは歌メロがおかしくならないなら何でも良いのです。

歌を歌いながらいきなり弾けるならそうやって歌いながら弾いてみておかしくないものを選べばいいです。

歌いながら弾けない場合は原曲をかけながら弾いてみて歌が変に聞こえなければOKです。

こんな感じで選べばいいだけです。

 

ギターのコードプレイのリズムを決めるために

ということなので、ギター弾き語りで出てくるようなコードプレイのリズムを決めるためにはまずはたくさんのストロークパターンを経験しないといけません。

ということでこのブログでもさんざん言っているようにコピーをしましょう、と言う結論になってしまうのです。

遠道のように見えて実はこれが一番根本的で確実です。

結果、これが一番近道だとおもいます。

なので、ぜひ頑張ってコピーしてみてください。

最初はリズムパターンが載っている楽譜を見てやってもいいので。

そして、コピーなら無料で教えているのでコチラもどうぞ

弾き語りスタイルのギターでも出来るコピー法