勘違いギタリストにならずにギターを上達させる方法

「人の評価が気になる…」
「自分のプレイが弾けてるか不安」

こういう事って感じませんか?

 

誰もが勘違いプレーヤーになるのは嫌なもんです。

今回は勘違いプレーヤーになれない方法を
お伝えしようと思います。

 

今回の記事の内容を実践すると
少なくとも 独りよがりなプレイは出来なくなります。

「独りよがりなプレイをしなくなる」のではなく、
「出来なくなる」のです。

 

では、まいりましょう。

 

ギター初心者さんが独りよがりなプレイを回避してギター上達させるための練習方法

結論から言ってしまうと・・・

録音する事です。

 

自分のプレイを客観視するのです。

 

これは、歌を録音した時の事を思い浮かべるとわかりやすいので
それを例にします。

 

歌を録音すると多くの人は

「俺ってこんな声なの?」

っていう反応を示します。

これは歌のイメージと録音した声が違うからです。

この場合、現実に音として存在するのは
当然、録音した方の声ですよね。

 

つまり、自分で自分のプレイというのは
ちゃんと把握できないと言う事なんです。

 

これ、ギターも同じです。

自分のプレイというのは
自分で把握している「つもり」にはなるけど、
実際、なかなか把握できていないのが現実です。

 

だから、録音する。

そうすることでホントの自分の音というのが分かります。

結果独りよがりになりたくてもなれません。

 

録音に適した機材

このように、録音の重要性をお話しすると決まって

「録音の重要性は分かった、
でも、どんなモノで録音したらいいのかわかりません。」

みたいな事を言う人がいるんですが、
これ、正直なんでも良いんです。

昔ながらの「カセットテレコ」しかないならそれでもいいし、



カセットテレコ

詳細はこちら

カセットテレコの詳細はこちら

 

最新のリニアPCMレコーダーとか持っているならそれでもいいです。



リニアPCMレコーダー

詳細はこちら

リニアPCMレコーダーの詳細はこちら

こんなのでも構いません。

 

最近はiphoneに最初から内蔵されている
レコーダー(ボイスメモ)みたいなやつでも
高音質なのでそれでも良いとおもいます。

 

ただ・・・
なんでも良いと言いましたが、
当然、DTM(PCで行う音楽制作)までやらなくても良いです。

DTMはややこしいんで。

そんな事を覚える暇があるなら
サクッと録音して自分のプレイを客観視する方が
よっぽどギター上手くなります。

 

要するに
持ち運びできる録音機なら何を使っても良い
という事です。

 

ギター初心者さん限定!ギター上達のための録音方法

では、ギタープレイの録音の方法ですが、
これも基本、自由にやってもらって構いません。

勿論、細かい事を言い出すと色々思いつきますが、
やり方自体に答はありません。

好きな様にやってください。

 

僕の録音の方法は又、その内、紹介しますが、
最初からそういったものをあてにするんじゃなくて、
まずは自分で色々録音して遊んで下さい。

 

「遊ぶ」
ここがとても重要。

遊ぶんです。

音録って、とにかくいっぱい聞いてみてください。

 

どんなプレイを録るか?

そんな事を最初から考える必要ないんです。

 

まずは録音に慣れる事。
これがスタートです。

 

コレならレコーダーのスイッチ押して弾くだけだから簡単ですよね。

大したアイデアではありませんが
実際に演っている人は少ないです。

参考になれば。