初心者ギタリストさんから出てくる質問の典型例に

「初心者用の曲を教えてください」

というのがあります。

もし、今、あなたが同じ事で疑問をもっているなら
是非、この記事を読んで欲しいと思います。

疑問が吹っ飛んで、気が楽になると思いますし、
もっと音楽に触れる時間が増えると思います。

では、まいりましょう。

 

 ギター初心者用の曲ってなんだ?

初心者用の曲って言われるとよく色んなサイトや掲示板で
薦められる曲って

こんな曲や

こんな曲ですよね。

 

でも・・・

何をもってこれらの曲って初心者用なのでしょうか?

 

確かに弾くのが比較的易しい曲はあるとおもいます。

でも、初心者の時なんて何弾いたって難しい
と思うのが普通じゃないでしょうか?

 

簡単だと感じる事が出来たらラッキー

と言うのが僕は現実的だと思います。

 

僕らのやっている音楽は
一見簡単そうに聞えるかも知れませんが、
スピードも速いし、メロディも複雑です。

童謡とかならいざ知らず、ロックやボップスなんて複雑すぎて
初心者ギタリストからしたらどれも難しいと感じるのが
自然な姿だと思う訳です。

 

かといって童謡を題材に扱った教則本とかを律義にやる
初心者ギタリストはなかなかいない訳です。

中には、

「なんで童謡なんだ、ふざけてる、クソ教則だ」

って言う人もいる始末ですから(汗)

 

初心者ギタリストの為の曲の選び方

このように僕らは

やっている曲は複雑
でも、童謡までシンプルになっている曲をやる気はない

という何とも都合の良い事を考え、ギターに取り組む訳です。

 

勿論、僕は童謡をやれ、とは言いませんが、
以上の事があるのなら自分の好きな曲を
思いきってやるべきだと思います。

 

どの道、難しいし、いきなりスラスラ弾ける可能性の方が
低いんだったら好きな曲を弾いた方が
まだ納得出来るんじゃないでしょうか。

 

つまり、

ギター初心者用の曲なんかない

って事なんです。

 

そんな事を言っている暇があるなら、
好きな曲にぶつかって、
思いっきり自分と弾けるプレーヤーの違いを痛感した方が
よっぽど上達に近づく訳です。

 

それに、そうやると当然、
大きい小さいに関わらず「壁」を感じる訳ですから、
それを弾ける様にする、というのが目的になります。

一旦、ゴールが決まって初めて練習らしい練習ができるんです。

そう考えるのは自然だし、至極まっとうではないでしょうか。

 

心配せずに好きな曲にトライして、
思いっきり弾けない経験を味わったら良いと思います。

そうすれば、何をやるべきかという事はすぐに見えてきます。

 

是非、色んな曲にトライしてみてくださいね。