ギターを上達させるための2つの要素

ギターうまくなりたいですか?

愚問ですよね(笑)

「うまくなりたいに決まってるだろが!」

そんな声が聞こえてきそうです。

そりゃそうですよね。

でも・・・

「何でうまくなりたいんですか?」と言われたらどうでしょうか。

即答できないならこの記事はお役に立てるかもしれません。

 

ギターを上達させたいなら絶対に押さえておかないといけない2つの事

ギターを上達させたいなら絶対に押さえておかないといけないことが2つあります。

それは・・・

  • 目的
  • 方法

この2つです。

この2つが常にはっきりしてないとどんな練習をしても結局、望む上達は叶いません。

一時的に上達はしてもどこかで頭打ちが来るわけです。

 

ギターの上達に欠かせないのは実は「目的」

先程ギターを上達させるなら目的と方法だ、と書きましたが、たいてい気にしないといけないのは「目的」です。

ギターを長年たくさんの方に教えてきましたが、この「目的」がない人は上達はおろか、続けることすら難しくなるのです。

 

実は僕達がギターを弾く目的には共通点があった

そして、この「目的」という部分も誰もが共通するものを考えるとある一つの結論に至ります。

それは、あなたが弾くギターを人に分かってもらうこと。

この共通点は必ずあるはずです。

ギター弾きたい理由って色々ありますよね。

バンドやりたい、誰かのために弾いてあげたい、もてたい(笑)

色々あるわけでず。

でも、それは全部、目的を深掘りすると「人にわかってもらうため」というものになるはずなのです。

例えばこういうことです。

バンドやりたい

何故?

ライブやりたいから

何故?

人に聞かせたいから
※つまりこれは人にわかってもらいたいわけです、自分のギターを。

こんな感じで実はギターうまくなりたいという思いの奥底には自分の弾いているギターを人にわかってもらいたい、共有したいという思いがあるはずなのです。

 

目的が決まると方法は決まる

そして、この「人にわかってもらいたいが為」という部分を意識してギター練習をすると実は方法が決まってくるのです。

巷にはギターの練習というとやれドレミだやれ基礎だ、やれエクササイズに理論だと言いたがるものですが、それはすべて人とあなたのギターを共有するため、という目的を踏まえると必ずしも今のあなたにとって効果的ではないことがおおくなっていることがわかるはずです。

人に自分のギターを伝えたいから今の自分はこのフレーズのプリング部が出来ない

だから、プリングのエクササイズは効果的
だから、プリングの動きを覚えるのは効果的

となるのです。

ここでドレミを覚えようとはしませんよね?

それは目的が人と音楽を共有したいというものだと認識しているからです。

 

結局、必要なのは目的と方法

音楽として人と共有したいなら当然、あなたの弾いているギターがどう聞こえるか確認するはずです。

つまり、録音をするわけです。

それを聞いて変だと思う部分を全部変えていけばギターなんか勝手に上達するのです。

ここで初めて方法を選び出す事が出来る。

だから、目的を認識する必要があるんです。

他の記事で基礎練習とかドレミとか理論とかイラないと言っているのはそういうことなのです。

じゃあ、ギターを人と共有するという目的でギターを弾く時に具体的にどんな方法が必要になるのか?
って事が重要になるわけですが、それを僕は無料講座で教えています。

興味ある場合はどうぞ

ギタープレイを人に伝えられる様にするためのファーストステップ