ギターうまくなるコツ | 上達する人の5つの特徴

このブログはギター初心者さんがギター上達するためにまずやることや、知っておくと良いことを紹介しています。

それって言い方を変えるとオンラインの情報でギター上達を起こそうと言うわけですよね。

そこで、オンラインでギターうまくなる人の特徴をご紹介しようと思います。
このサイトの情報だけでなく、ほかのサイトの情報を活用されている場合でも是非、参考にしていただけると良いかと思います。

では参りましょう。

オンラインでギターうまくなる人の5つの特徴

それは以下のものです。

オンラインでギターうまくなる人の5つの特徴
  • すぐに内容を試す
  • 一つのサイトのみを信じている
  • 基本、疑わない
  • 一度に一つのことしかやらない
  • コンタクトがやたら多い

以上の5つがその特徴です。

僕の生徒さんでもギターの上達が速い人ほどこの要素を沢山持っています。

では、1つずつご紹介します。

 

 

すぐに内容を試す

これはそのままですね。
サイトにかかれている内容を「とりあえずすぐに実践する」という行動が起こせる人です。

こういう人はすぐにその情報が自分にあっているかどうかを判断できるようになりますから、当然、自分にあったやり方にめぐりあいやすいです。

 

 

一つのサイトのみを信じている

たくさんのサイトの情報を見まくっていてそれだけで終わっている人が多いです。
ということは一つのサイトのみを信じて実践している人は当然うまくいきやすいわけです。

たくさんの情報を知っていることは一見良いことのように思いますが、実は大きく遠回りするのです。

 

 

基本、疑わない

これは「すぐに内容を試す」という部分とリンクしている要素なのですが上達が早い人ほどあーだこーだと疑わないです。
疑ってないからすぐに試すことができるし、自分が選んだ情報を信じることができるのです。

逆に疑り深い人はあーだこーだ文句言いながら調べまくって結局何もやってない、というケースが圧倒的に多いです。

 

 

一度に一つのことしかやらない

人間は一度にたくさんのことができるほど能力が高い生き物ではありません。
あれもこれもと欲張る人は結局、何も身につかないのです。

 

 

コンタクトがやたら多い

これはオンラインの情報を活用してギターを上達させる、という意味においては一番結果に直結し易い部分です。

多くの人は
「どーせ、返信なんか返ってこない」
とか
「無料でなんでも教えてくれるわけない」
とか言って情報発信者にコンタクトを取ることをやりません。

中には
「何かものを売りつけられる」
とか言って疑ってしまう人もいます(笑)

最後のは論外ですが(笑)基本、情報発信者とは孤独なものなのです。
一人でシコシコ情報をアップしているのです。

 だから、当然、コンタクトがやってくると普通に喜ぶものなのです。 

もちろん、すべての情報発信者が全部メール返信してくれたり質問に答えてくれるわけではありません。

でも、聞くだけならタダなのです。
だったら賢い人はコンタクトを取りまくります。
僕の生徒さんでも上達が早く、賢い人はコンタクトをとにかくたくさん取りに来ます。
一対一のコミュニケーションだから当然、発信者があなたのためだけに情報を出してくれることもあるわけですから、これをやる人は一番得かもしれませんね。

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
ギター上達するために必要なことは実はこういうことだったりするのです。

あなたはどれだけやれていますか?