オンラインであろうがオフラインであろうがギターの練習はおなじ

オンラインでギター教えています、というと大体の人には怪訝な顔されます。笑

「オンラインで技術なんか伝えられるのか?」
と思われているわけです。

かくいう、僕もそうでした。

「オンラインで技術なんか伝えられない」と思っていた一人です。

でも、それは過去の話。
今では「オンラインを舐めちゃいけませんぜ、旦那」という始末。

ギター弾くのにオンラインもオフラインも関係ない理由

関係ないのです。
オンラインとかオフラインとか。

なぜなら、ギター上達や練習というのは3つしか要素はないからです。

  • ギター練習する人
  • 練習する人の目的
  • 目的を達成させる情報(知識や方法)

この3つです。

教材(教則本、DVD等)やギターのサイトとかそういう情報は練習する人の目的を達成させるためのものなのです。

ギター練習する人が目的を持って情報を使う。
これだけのことなのです。
ここにオンラインもオフラインもありません。

実際、こちらの記事ではオンラインの生徒さんの変化を紹介しました。

オンラインの生徒さんのビフォーアフター

やることは同じなのです。
オフラインとオンラインは性質や特徴が違うだけ。
それだけのことなんですよね。

いかがでしょうか。

オンラインの偏見をもしあなたが持っていたらそれ、すごくもったいないことしているとおもいませんか?