Screen-Shot-2013-12-13-at-9.05.06-AM

ギターがうまくならないと感じた時に見直すポイントという記事に対して
こんなメールをいただきました。

「トーンとリズムが重要だと言うのはわかったけど
音楽にはニュアンスと言うのがあるでしょう?
それはどうしたらいいのか?」

っていう内容。

あなたならどう答えますか?

ギター初心者の「ニュアンス」に対する考え方

僕の答えとしては・・・

考えなくて良いです。

ってかそれを考えるのは時期尚早です。

何故なら、音楽というのはギターの基礎とは何か?という記事でも書いた通りで
トーンとリズムが基本です。

つまり、何らかの音が何らかのタイミングで発音されているモノ。
これが音楽の基本です。

この基本がないのにニュアンスも何もないのです。
ニュアンスなんていうのはこういう基本がある前提の話だと
僕は思います。

だから、考えなくてもいいのです。

ニュアンスはいずれ向き合うもの

ここで誤解してほしくないのは

「ニュアンスなんか関係ない、必要ない」ということではないということです。

ニュアンスというのはギタープレイには絶対にあるし、
それを無視していいわけではありません。

あくまで初心者の内、基本がない内は
気にするだけムダ、というだけの事。

ニュアンスをいつまでも無視して良いわけではないので
ご了承くださいね。