ギター上達に時間はいらない
FunkyFocus / Pixabay

あなたはギターを上達させるのに時間が必要だと思いますか?
普通はそう思いますよね?

でも、実際は・・・必要ないのです。
そんな事がよく分かる話をシェアします。

 ギター上達に時間はいらない

先日、レッスンをしました。
何をしたかと言うと、弾き語りバックのギター。
弾き語りの時に同時に演奏されるギタープレイです。

今回の生徒さんは自分で弾きながら歌うことが出来るので、弾き語りスタイルのギタープレイを教えています。

やったのはこの曲。

この曲をまずはジャカジャカ弾けるようにしようと言うのが目的です。
それが出来たらだんだん、アルペジオで弾くようにする、というプランです。

※アルペジオ=コードを押さえたまま弦をバラバラに弾く奏法

30分体の使い方を中心に生徒さんを最適化しました。

結果、レッスンが終わって付き添いでこられてたお母さんが
「先生、すごいですね・・・30分でこんな音変わるんですね・・・」
と言ってくださいました。

こうなったら僕の仕事は完了です。
ってか、これが本来の僕の仕事です。

 人にギターを弾けるようにさせる、ということはこういう事を指すのです。 

なぜなら、これはこの生徒さんが弾いたギターがお母さんに「伝わった」からこそ出た言葉だから。
ギターに限らず、音楽というのは人に音楽として伝わらないといけないのです。

そして、それを起こすのには勿論、場合によるのですが、ちゃんと条件が揃うと30分で出来るものなのです。

 じゃあ、そんな変化を起こすには何をしたら良いのか?  その一つのやり方が以下のやり方です。

ギターで変化を起こすための一つのやり方