知り得たギター練習法をそのまま出来ない人がやってしまっていること

ギター上達を本当に起こすギターの学び方という記事で
まずは教わったことをそのままやりましょう、ということを
お伝えしましたがこれ、意外と出来ない人が多いです。

そうなんです、意外に多いんですよ。

もちろん、自分が理解出来ないものを実践することは恐いことですし
そもそも理解できないものを実践することは出来ないと感じるのも
わかります。

「俺はロボットじゃないんだ」

という気持ちも分かります。

僕も同じような事思っていたことがありますから。

でも、どういう思いであれ、
それがどういうことを意味しているかわかってないんだな、
と個人的にはいつも感じるのです。

そこでこの記事では知り得た練習方法を
そのままやれない人がやってしまっている事
をお伝えしようと思います。

知り得たギター練習法をそのまま出来ない人がやってしまっていること

知り得たギター練習法をそのまま出来ないということは・・・

教えてくれた人よりも自分は理解がある
といっている様なものなのです。

手厳しい言い方ですが、
でもホントそうですよ。

教則本やギターの練習法サイトを利用している場合は
教則本の筆者や練習法サイトの管理人より自分は
ギターに関しては専門性があると言っている、
と解釈してください。

「いやいや、僕はそのままやっていますよ!」

そういうかも知れませんが、
実際、「自分が理解できる範囲で」っていう
前提がある人がほとんどです。

例えば、このサイトではギターの練習方法として
コピーを勧めています。

そして、メルマガ登録をしてくれた人には
コピーのやり方の一番初歩的なやり方を
無料で教えています。

↓   ↓   ↓

ギター初心者のためだけの練習方法

そして、このやり方を実際に手にしてくれた人の中には
僕のオンラインレッスンの生徒になった人がいますが
オンラインレッスンの生徒になって随分経ってから

「奧田先生が言っているコピーの一番初歩の方法の意味が分かりました」
って言う人がいるんです。

これって要は最初に無料でこのやり方を知った時に
そのままやれなかったのです。
自分が理解できる範囲で解釈したわけです。

だからこそ、オンラインの生徒になって
僕の直接指導を受けて自分の理解の間違いに気づくわけです。

こういうことは実はよく起こることなのです。
どうでしょうか、こういう風な経験してたことありませんか?

でも、問題なしです。

これからお話しすることを知っておくと
ギター練習の態度が変わりますので
是非、採用してください。

ギター練習をしていることが覚えておくと良いこと

ひとつ覚えておくといいのは、
練習方法を教えてくれる人と言うのは
あなたが経験していないことを経験している。

そして、あなたが通ってきた道は
すでに通ってきている可能性がかなり高い。

その上で練習法を教えてくれている・・・

ということです。

どうでしょうか、これ。
実際、そうだと思いませんか?

でも、実際にこういうことをわかって行動できる人は少ないのです。

だからこそ、こういうことをわかって行動できたら?
それだけであなたの練習の質は一気に良くなるということです。

なので・・・
とにかく知り得た練習法はそのままやる。
そして、その上で自分のやり方がずれてないかどうかを
どんな形を持ってしてもいいから確かめる。

これが重要なのです。

例えば、先のメルマガ登録した代わりにもらえる練習法なら
やってみて、自分がやった模様を僕にメールで確認したっていいわけですよね。

そうやって自分の実践を言われた内容通りに一度やってみる。
これが重要です。

ロボットになれという意味でもイエスマンになれという意味でもありません

冒頭にも書いたとおり、
人間は自分の理解を大事にします。
なんでも言われたことをそのままやるなら
イエスマンと変わらない。

そう思ってしまっても仕方ないと思います。

ギターみたいな「楽しみ」の世界くらい好きにやらせてくれ
という気持も分かります。

でも、そもそも弾けなかったらそれの方が虚しくないですか?

楽しい、楽しい、と口では言っているけど
実際の実感が楽しくないでは虚しくないでしょうか。

だから、まずは弾ける様になることが一番重要だと
思います。

そして、「ギター弾く」なんてのは攻略法があるんです。
つまり、確実な答えがあるということです。

それはまた別の記事でお話します。

なんせ、言われたこと、見聞きしたことをそのままやっても
別に損はしないし、何も失うものなどないのだから
あーだこーだ言わずにサクッとやっちゃいましょう。

そういうシンプルな人がうまくいくのがギターだと思います。