29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

長年、ギターをおしえさせて
いただいていると色んな人が
いるわけで。

このブログでも

「とにかくギター初心者さんは
体験量を積み重ねる事」

という事を言いまくっています。

でも・・・

それがわかっていても出来ない人
っているんです。

そんな方に特徴があることが
最近僕にもわかってきました。

そのあたりを紹介します。

もし、あなたがこのケースに
陥っているならある種のヒントに
なるかも知れません。

体験できないギター初心者さんの特徴

これは・・・

わかろうとしていることです。

なにかにつけわかろうとする。

これはここ数年ですごく見られる方が
増えました。

とにかくわからないと手が動かせない。

そういうタイプですね。

で。

別にこれ自体がいけないことでは
ありません。

何も分からないよりはわかったほうが
いいでしょうし。

しかし、ことギターを弾けるように
なるには?ということを考えた時に
このタイプの人でスムーズに
上手くなる人は僕はあまり知りません。

 

わかろうとするとなぜギターは上達できないか?

それは簡単。

知識量とギターが弾ける弾けないには
何の関係もないからです。

ギターって別に知識を持って
弾くわけではありません。

要は左手で弦を押さえて右手で弾く、
それだけの楽器です。

だったら知識量なんてのは基本的に
必要ないのです。

勿論、知識は必要です。

しかし、ここで言っている「知識」と
いうのは体験に基づく知識なのです。

体験を通して得た知識のことです。

わかろうとする人は知識だけを
インスタントに得てしまう。

そこに体験がない。

それがギター上達という結果から
離れてしまう原因なのです。

「じゃあ、どうすればいいんだ?」

ってなるかもですが、単純です。

要は弾けばいいんです。

いちいち全てを分からなくても
構いません。

とにかく手を動かす。

この視点が非常に重要です。

実際、僕がやっているメール講座は
その点に重点を置いて講座を組んでいます。

この記事の下からも登録できるので
良かったらご登録ください。

※ちなみに無料です。