このサイトでは曲やフレーズをコピーを薦めています。

しかし、コピーと言うとタブ譜を見て弾くと言うイメージが強すぎるのかしてそのやり方に固執するケースが多いです。

この記事では、タブ譜に固執しないコピー法をお伝えします。
タブ譜ばっかり見て弾いている場合はなにかヒントになるかも知れません。

この記事でお伝えする様な事はとてもあたり前の事ですが、当たり前の事になればなるほどそれが出来てない事は危険だと言う事です。
あなたのコピーする際の方法が正しい方向を向いているか確認する意味でも是非、読んでみてくださいね。

では、まいりましょう。

なにをコピーするのか?

コピーと言うのは「真似をする」という意味ですが、ギターにおいて考えると、なにを真似するんでしょうか?

これは当然、「音」ですよね。
音を真似する訳です。

こんな事、当たり前の事ですよね。
しかし・・・

音をろくろく聞かずにタブ譜だけ見て
やろうとしてませんか?

意外とこのケース、多いです。

これは音を真似しようとしているのではなく、タブ譜を真似しようとしているのです。

しかし、僕等がやろうとしている事は音楽です。
めんどくさがってタブ譜を追いかける営みではありません。

だから、音を真似してくださいね。

音を真似するとは?

じゃあ、音を真似するって具体的にどうやんの?って話になる訳ですが、それをこれからお伝えします。

これは歌う事です。

コピーしようとしているフレーズを歌うのです。
曲を歌える様にしてください。

歌えるフレーズはコピーできます。
逆に歌えないものはコピーできません。

そもそも、ギターを弾くと言う行為は頭の中のイメージを具体的な形にする行為です。
と言う事は、頭の中に弾くもののイメージが無いと形には出来ない、と言う事です。

この頭の中のイメージを確認する行為が歌なんですね。
歌は頭の中に音楽のイメージが無いと出来ません。

と言う事は、
歌える=イメージがある
という事なのです。

さらに、イメージがあると言う事はそれはギターで弾けると言う事になります。
何故なら、ギターを弾くと言う事は頭の中のイメージを具体的にする事と同じ事だからです。

このようにギターをコピーする際に歌える事はとても効果的である、という事です。

歌えるようになる方法

では、どうやったら歌えるようになるのか?という事を解説します。

これは、歌えるようになるまで聞くしかありません。
要は頭の中にイメージを作る事が出来れば歌える訳ですからイメージを作る事が必要です。

そのイメージを作るには聞くしかない、という事です。

では、なぜ、イメージを作るには聞くしかないのか?
それはわからないんだけど、経験上、聞きまくると自然と歌えるようにはなります。

なので、まずは何度も聞く事です。
これを何度も何度も繰り返していると音に対する感度が向上します。
知らない曲でも1回聞くだけで歌えるようにはなります。

つまり、やればやるほど進化する能力だ、という事です。
なので、まずは好きな曲を歌えるようになるまで聴きこむことからスタートしてください。

歌えるようになってからタブ譜です。

イメージが固まっているフレーズをどう弾くのか?ということです。

このようにして、イメージを先に作ってその後、物理的な動きを覚えていく訳です。