歌えないものは弾けない

フレーズをギターで弾く時ってどうやっていますか?

ギター初心者さんのギター練習を見ていると
多くの練習に抜けている重要な視点がある事に気付きます。

この記事で紹介する視点を盛り込むだけで、
難しい事を知らなくても最低限の知識で弾けるようになるはずです。

ちょっとした簡単な事ですので癖づいてしまうと
とても練習が楽になるし、この視点は上手くなっても
ずっと使えるものですので是非、癖づけて欲しいと思います。

では、まいりましょう。

 

初心者ギタリストがやっていないけどやった方が良いある方法

これは・・・
歌う事です。

「いやいや、俺はギタリストなんだ、歌うって何言ってんだ」
って思うかも知れませんがそれはちょっと考えを改めた方が良いです。

これをやっていないから変に知識ばっかり追いかける羽目になるんです。

知識追いかけてギター弾けるようになるなら良いんですが、大多数はそういう風にはいきません。

知識詰め込んで、知ったつもり、分かったつもり・・・・
出来たつもりのイタイギタリストになるだけです。

ギターって歌えないものは弾けないんです。

それくらいに思いこんでギター練習した方がギター初心者さんは早く弾けるようになります。

ただ、訳もわからず歌うのも抵抗あるでしょうから以下で詳しく解説します。

 

歌えないとギターが弾けない理由

 

これは音楽を表現する、というのがそういう営みだからです。

ギターで考えるとややこしいので、歌で考えてみましょう。

歌って誰もが出来る音楽の表現方法ですから。

普段、歌って何気なく歌っていると思いますがなにかのメロディを歌おうと思ったらまずは、そのメロディが頭の中でイメージされないといけません。

そして、そのイメージを具現化するのが歌という表現です。

つまり、以下の様になっている訳です。

歌のメカニズム
↑歌の場合

それに対して、ギターの場合はどうなっているか?

ギターの場合は以下の様になっているのです。

ギターの場合
↑ギターの場合

この変換部分に相当するのがギターのテクニックだったり、理論だったりする訳です。

でも、そもそも、イメージが無ければ・・・

如何にテクニックがあろうと、知識、理論があろうと無意味ですよね。

だって、弾きたい像(イメージ)が全くない訳だから。

そして、このイメージというのは歌う事ではっきりします。

弾きたいメロディがあったとして、ギターで表現出来なくても歌なら表現できますよね。

だから、まずは歌で表現してイメージをはっきりさせるのです。

そうすることではっきりしたモノを後はギターで弾くだけになるのです。

普通はこれを頭の中で完結させてしまうので、イメージが曖昧なまま、ギターを練習します。

だから、上手くいかないんです。

イメージの弱いものをただでさえ不得手なギターという道具で表現するのですから難しく感じて当然だし、実際、必要以上に難しくなるのです。

だから、是非、弾きたいフレーズが出て来た時には歌う様にしてください。

歌えないものは弾けない。

実際に癖づければ弾きたいものを弾けるようになる時間が短縮されるのです。

じゃあ、歌えない時はどうしたら良いんだってなりそうですのでそのへんの事はまた別の機会にでも。