現実を受け入れない

ギターが上達しない原因色々あります。

色々あるのですが、今回のが一番最悪かも知れません。

 

 

現実を受け入れないという間違い

それが現実を受け入れない、という原因です。

これ、正直、最悪です。

でも、すごく多いです。

 

もっとダイレクトに言うなら、

弾けたつもり、出来たつもりを認めない。

 

弾けたつもり、出来たつもりはずっと付いて回ってきます。

でも、どこかで気付くか気付かされるわけです。

「あぁ、俺ってイタイな」

と。

 

でも、そこで修正しない。

そして、たちが悪いと開き直ったりする人も・・・

 

こうなると救いようがないのです。

 

「じゃあ、勝手にやれば」

と言われてしまう。

 

こんなことは教室とか通ってなくても起こります。

バンドメンバーに経験者がいて、その人に注意されるとか。

ライブをやってお客さんに耳の肥えた人がいて、ダメだしされるとか。

 

折角、今の状況を言ってくれているのにそれを素直に聞けない。

 

こうなると上手くなるも何も成長が起こりません。

 

ダメ出し聞くのはつらいのかも知れませんが逆に言えば
そこを修正すればひとつ先に進む訳です。

 

あなたは大丈夫でしょうか?