ギター教則本やサイトばかりを漁っているあなたへ

ギターの練習って迷っていませんか?

多くの人は実はギター練習のスタートラインにすらたってないことが多いです。

如何に的はずれな練習をしているか?ということなのですが・・・

このことについて先日メール講座の読者さんから良いメールをいただきました。

メールの内容

そのメールはこんな内容です。

相手に伝わることが大切ということ。この前初めて自分の演奏を録音して聴いてみた。
びっくりした。
たどたどしくて、コードチェンジのたびに音がとぎれて、リズムもばらばらで。
かなりのショック!
何を改善すればいいとかのレベルじゃない。それこそ人に伝えられるものじゃないと本当に思った。
トーンとリズム、意識してなかった。意識は左手にばかりいってた。
伝えるを意識したい

Wさん、メールありがとうございました。

ギター練習で本当に大事なのは人に伝わる事をどこまで意識出来るか?

これ、僕がずっと言ってきていることです。

でも、ちゃんと実感してますか?

録音してますか?

教則本とかギターのサイトとかばっかり見てませんか?

本当に大事なことは「人に伝わるギター」です。

Wさんのようなことに気付けて初めて成長のスタートラインに立つことが出来るのです。

気づけたら成長は自然と起こるということです。

スタートラインに立ててますか?

もし、あなたが録音もしてない、教則本とかギターのサイトばっかり見てて練習と言える練習ができてないなら受講されると良いかとおもいます。

ギターの練習がうまくいってない人のためのギター練習法