苦手・嫌いを克服し「得意」に変えるシンプルなたった1つの方法
bykst / Pixabay

苦手を克服する。
これがいつでも出来たら素晴らしいと思いませんか?

実はこの「苦手克服」というのは誰でもある要素を守ると実現できるということを再確認しましたのでこの記事ではその話をば。

ギターに限らず苦手克服というのが一つテーマになっている場合はヒントになると思います。

 

苦手克服できる人の特徴

我が家ではこういうものを活用しています。

これがあるとアマゾンのプライム会員は無料でかなりのビデオが見放題になります。
で。

僕はこれをちょっとした隙間で見ています。

関西の人は見てなかったら非国民扱いされかねない番組です。(笑)

で。

これを見てると意外と

苦手克服系

の話がちらほらあるんですよね。

例えば・・・

  • 缶ジュースが飲めないおばちゃんが飲めるようになる
  • 腕立てできない小学生ができるようになる
  • 25m泳げないべっぴんさんが泳げるようになる

等々。

苦手克服系です。
はい、これ、ギターとか音楽に活かせないでしょうか。

僕はギターに限らず「出来ない人をできるようにする」というのが仕事なのでつい、そういう見方をしてしまいます。
で、至った結論ですが・・・

やはり、出来ないことをできるようにする、とか、スキルアップなんてのは実はすごくシンプルだと思うのです。

 

 

苦手克服系の鍵は「しぶとさ」

苦手克服系の鍵は「しぶとさ」です。

当たり前の話なのですが、諦めが悪い人が苦手を克服するのです。

ただ、それだけ。
逆に言うと、諦める人が脱落する、というイメージですね。

諦めが悪いところに方法論が正しければ100%苦手は克服されるのです。
そして、この時、苦手は得意になるということも多々あるのです。

これは僕自信が生き証人です。

大体、苦手は克服すると武器(得意)になります。
なので、粘り強く、しぶとくいきましょう。

今、弾けないものがあっても構いません。
今、出来ないことがあっても構いません。

1ヶ月後、半年、1年、3年、5年、10年後にはできるものです。

諦めたら終わりなのです。

諦め=可能性の放棄
ですからね。

可能性の放棄は最大の自分いじめです。

あなたは知らず知らずのうちに自分をいじめていませんか?

 

 

追記

途中で書いた、

諦めが悪いところに方法論が正しければ100%苦手は克服されるのです。

この方法論がギターで言うなら僕の方法論にあたります。
無料も有料もギターの方法論に関しては絶対の自信があるので無料のものからまずは再確認してみてください。

ギターで最初にやるべき練習法

 

 

追記2

ちなみに冒頭で紹介したこれ。

マジでおすすめです。

特にアマゾンのプライム会員になっている場合は導入するとツタヤ行かなくなります。
実際、僕はツタヤ行かなくなりました(笑)