周りで音楽やっている人との付き合い方
65294 / Pixabay

あなたの周りで音楽やっている人っていますか?
周りで音楽やっている人がいるといい意味でも悪い意味でも影響あるのが普通ですよね。

もちろん、いい影響をもらえている場合は良いのですが、悪い影響をもらっているときはきついものです。

そこで悪い影響をもらってしまっているときの対処法を書こうかと思います。

 

いい影響をもらえている時とはどんな時か?

対処法を書く前に「いい影響」とは何か?という部分をお伝えします。
この記事でお伝えする「いい影響の定義」ですね。

周りで音楽やっている人からもらえる「いい影響」とは・・・

  • 知識
  • 刺激

この2つだと僕は思います。

 

知識

これは周りの人に知識を教えてもらったり、練習方法を教えてもらったりしている状態です。

場合によっては回り道をすることがなくなるのでこれもいい影響です。

 

刺激

これは「あいつがやっているから俺も頑張る」みたいな感を受けることですね。

モチベーションの部分でいい影響があります。

 

周りで音楽やっている人からもらえる「悪い影響」とは何か?

これはさっきの逆だと考えるとわかりやすいです。

一つずつご紹介します。

 

知識における悪い影響

これは現実的にはなかなか無いことではあるのですが、僕が今まで聞いたことがあることで言うと・・・

何も教えてもらえないという状況です。

これは周りに聞いても何も教えてもらえない状態。
意地悪されているわけですね。

意地悪されたりするのは当然、するほうに問題があるわけですが、される方にも問題があることがあるので、その場合は自分のことを見つめ直す必要がありますよね。

ただ、普通、こういういことはそうそうあるものではありません。

 

刺激における悪い影響

これは頻繁にあると思います。

この場合は意地悪されている、とかいじめられている、というわけではなく、周りのミュージシャンを見て尻込みしてしまうわけです。

「俺なんて・・・」
という気持ちになるわけです。

周りのギター弾きやミュージシャンと自分を比べて、自らの劣っている部分を気にしている状態です。

これが刺激における悪い影響です。

 

刺激における悪い影響の対処法

では、いい影響、悪い影響についての理解を共有したところで悪い影響、特に刺激における悪い影響に対する対処法をお伝えします。

これは先程、書いた刺激における悪い影響でも書いたように

「あなたが」
周りの人と「比較」している

これが原因です。

なので、「比較」するのではなく別の解釈をするわけです。

例えば、一緒にバンドやっているメンバーに上手いやつがいるとします。
で、明らかにあなたが足を引っ張っているとします。

この時、あなたの心のなかには

「あー、足引っ張ってる・・・みんな口にはしないだろうけど邪魔だと思っているだろーなー」

みたいな声がしますよね(笑)

これは比較⇒尻込みという反応まで終わっているわけですよ。

こういう時に僕はわざと気にしない様にします。
気にしないフリで構いません。
ちょっと居心地は悪いんですが、ちょっと耐えます。

その際、こう思うんです。

「こいつらは俺をどう扱ってくるか?」

という風に思うわけです。

こういう風にして相手の出方を見ると人によっては

「お前やる気ないだろ」
「ちゃんと練習してんの?」

とか言い出すことがあるのです。
しびれ切らして言って来たりするわけです。

勿論、コチラはちゃんと努力しているのにも関わらず、です。

それって、最初は一緒にやろうと言ってバンド組んだにも関わらず腕の善し悪しを問題にしているわけですよね。

こうなったら僕は「じゃあ、バンド抜けるわ」と言うようにしていました。
なぜなら、コチラの成長を待ってくれないわけだから。

 

音楽一緒にやるということは互いの事を人として信用してやるわけです。

それを腕の善し悪しを問題にするわけですよね。

そういう人と音楽やりたいですか?
そういう人とお付き合いしたいですか?

僕はNOなので、こういうことをきっかけにしてバンドを脱退し、違う仲間をみつけるようにしていました。

ご理解いただけるでしょうか。

要は、比較して悩むのではなく、自分のやるべき事をやって後は成り行きを見守る様にするのです。
そして、結果をまっすぐ受け止める。
その結果に対して自分の判断をする。

今回の例では相手と自分を比べて凹むのではなく、相手の出方を見てあなたが付き合うべき人かどうかふるいにかけているわけです。

このように、いつもと違う解釈をする。
これで特に問題はないはずです。

 

確かに音楽に技術は必要です。
でも、技術があること=素晴らしい音楽、にはなりません。

仮に技術があることが音楽において素晴らしいなら打ち込み音楽は最強という事になりませんか?

あなたのギターはあなたにしか弾けません。
それを忘れないようにしていれば周りの悪い影響も上手く処理できるのでは無いでしょうか?