ギター練習はどこまでそのままやれば良いのか?

守破離って言葉がありますよね。

要はまずは真似をしろ、と。

 

でも、これ、いくら真似てても
ダメな人はダメなんです(笑)

 

ギター上達を本当に起こすギターの学び方
「まずは言われたとおりにやる」
というアイデアを紹介しましたが
当然、それだけやっていると
いつまでも猿真似で終わってしまいます(汗)

 

では、どこまで真似をするべきなんでしょうか。

そのあたりの話をします。

 

 

ギター練習をそのまま真似する意味

そもそも真似をする意味がわかっていますか?

そもそも、「言われたとおりにやる」
つまり、真似をする。

これ、何でやるんでしょうね?

 

「体験がないから」
「知識がないから」
「ギター初心者だから(謎)」

全部正解ですよね。

 

でも、本質はそうじゃないと僕はおもいます。

 

じゃあ、何か?

これは・・・

 

真似をすることで
何故、その教えになっているのか?

ってことを分からせるためです。

 

 

単純に真似ているだけではダメなんですよね。

その真似から何故、そういう教えになっているのかを
学ばないといけません。

 

例えば・・・

ギター上達を本当に起こすギターの学び方でも
例に出したエクササイズ。

 

よくありますよね?

こんなのとか・・・

こんなのとか・・・・

こういうギター教則本は多いわけですが
これって何故、効果的なのか分からないと
いくらやってもそのエクササイズが弾けるようになる
というだけの結果にしかなりません。

 

つまり、そのエクササイズを何故やるのか?

いわばその練習の意図がわからないといけないわけです。

 

 

ギター練習方法の意図を見つける方法

じゃあ、その意図はどうやったらわかるのか?

それがこのサイトでも散々言っている
音楽体験なんです。

要は音楽をやってみる。

バンドでも良いし、
ライブでも良い。

いきなりそんな事が出来なければ、
曲のコピーをやれば良いわけです。

曲のコピーなら無料でやり方公開しているので
参考にしてみてください。

↓    ↓    ↓

初心者のためだけのギター練習法

 

「音楽」をやることで
練習方法の意味がわかってくるわけです。

 

なので、練習方法は言われた通りにやる。

でも、同時に音楽を体験することは忘れないようにしないといけないわけです。

 

あなたのギター練習は大丈夫でしょうか?