ものの見方を変えるとギターが上達するのはなぜか?
HypnoArt / Pixabay

前回の記事でギターを上達させるのには「物の見方」を変えると良いということを書きました。

ギターの練習方法は実は必要ない?

ここで、ものの見方を変えるための方法を記す予告をしたのですが先にものの見方を変えると何故、ギターが上達するのか?という部分に関してはあまり触れてないと感じたので、先に記そうと思います。

物の見方を変えることで何故、劇的にギターの成長が起こるのか?という部分です。

では、参りましょう。

物の見方を変えると何故、ギターは上達するのか?

これは結論から言うと、
目的を正しく設定することになるからです。

このブログでも書いていることですが度々、「あなたは何故、ギターを弾くのか?」と言うことを問いかけています。
これは「ギターを弾く目的」を問うているのですが、この目的が最適化されるとギターというのは誰でも上達するのです。

ところが、この目的と言うのは多くの人が軽く扱います。
たいして意識しないわけです。

その結果、目的と手段が知らず知らずの間にすり替わる。
これが、多くの人がギターで苦労する理由です。
趣味としてスタートしたギターで苦しむことになる原因です。

例えば、ギターうまくなりたいと思ってスタートしてもいつの間にかエクササイズばっかりやって何も弾けない、とか。
いつの間にか音楽理論の勉強に夢中になり、全くギタープレイや作曲等に活かせない、とか。

「こんなはずではなかったのに・・・」
という結果になってしまうのです。

これは目的が忘れ去られてしまうからです。
なので、目的がすり替わらないようにすれば良いのです。

目的を正しく設定し、すり替わらないようにしていれば特に意識しなくても目的はズレません。
結果、今までとは違った、他の人はなかなか経験しないようなスムーズさでギター上達を起こすことが出来るのです。

そして、目的を正しく設定するには「物の見方」を変える必要があるのです。

ギターを何故弾くのか?
ギターを練習するとはどういうことなのか?

こういう質問の答えを徹底的に考えて答えを出す(物の見方を変える)とギター上達はおこるのです。

これが「物の見方」を変えることでギター上達が起こる理由です。

あなたのものの見方は大丈夫でしょうか?