ギター上達に必要なのはギター練習法ではない

先日、教材の購入者さんがあるコメントをくれました。

シンプルながら非常に役に立つポイントがありましたので紹介します。
※ちなみに現在は教材は販売停止しています。

 

教材購入者さんからのコメント

その教材購入者はMさんと言うのですが、サポートのチャットにこんなコメントをくれました。

課題をもってやっている曲とそうでない曲の進歩ってやっぱり違いますね!〇〇(曲名です)は課題をもって練習していますが以前はうまくなることばかりでただ何も考えず練習していた気がします。
それでもうまくはなるのですが、やっぱり早さが違うと感じました。

 

Mさんがやっていること

彼はこのサポートチャットで自分のギター練習の報告を普段からしてくれているのですが、その中のひとつがこのコメントです。

ちなみに、この教材はギターが上手に弾けない人に向けてギターの基礎をつくるのがコンセプトです。

そして、それを作る過程でどんなジャンルの音楽でも外してはいけない要素をコントロール出来るような練習方法を教えています。

やっていることは単純で、オルタネイトピッキングとミュートの徹底です。

だから、ギターの基礎トレもさせてないし、音楽理論の勉強もなし。

ひたすら自分の好きな曲やフレーズをコピーさせています。

その際にオルタネイトピッキングやミュートを徹底的にやらせているだけのことです。

つまり、彼や他の教材購入者さん達がやっているのは言ってしまえばその2つに集約されるわけです。

 

ギターを上達させるために本当に必要な事

さて。

ここであなたはギターを本当に上達させる為に必要なことって実はシンプルだと言うことに気付かれたでしょうか?

「そうか!オルタネイトとミュートだけでいいのか!」

そう思われた場合、それは50点の答えです。

確かに技術的にはオルタネイトピッキングとミュートみたいなシンプルなテクニックだけで構いません。

しかし、この2点だけを意識してコピーやれ、というと現実、大体の人はできません。

本当に大事なのはオルタネイトとミュートだけでいいのにも関わらずちょっとやってうまくいかないとすぐに他の方法や要素をわざわざ自分から探しにいってしまうのが人間です。

すぐに不安になっちゃうわけです。

で、いつの間にか元に戻ってしまう。

弾けない自分に元通りです。

そのためにも僕はこの教材には練習報告をする環境を付けました。

Mさんはそれを本当にうまく活用されました。

実際はテクニックとか技術よりもそれをやり続ける継続力や、目標設定とかの方がよほど重要です。

教材の中身を言ってしまうと教材購入者さんに怒られる事必至ですが、そんなことよりも実際はもっと難しいことがあるわけです。

そして、コレは他の方法論でも同じこと。

基礎練習、理論、各種テクニックを一生懸命にやることは否定しません(オススメはしませんが)

でも、そういったものも所詮道具にしか過ぎません。

大事なのはそのテクニックを習得するためのマインドだったり、それに基づいた実践です。

あなたはいろんなテクニックに踊らされて無いでしょうか。

もし、踊らされている感があるなら、本当に大事な事を考え直してみるのは必要だとおもいます。

本当に大事なのは道具をどうやって身につけるか?と言う部分。

練習法ではなく、それをどう実践するのか?という部分では無いでしょうか?