不毛なギター練習

初心者ギタリストさんにとって最も大事な事があります。

なにか分かりますか?

 

これから書く事が分かっていれば、
迷うことなく練習も出来るし、
前に進まないと言う事はあり得ません。

 

でも、特に最近の初心者ギタリストさんになればなるほど
この事が抜け落ちてしまっています。

 

その癖にヘタに知識があったり、
頭使えるものだから性質が悪いと感じる初心者さんって
結構いるんですね。

 

でも、この記事でお話しする事が
ちゃんと実践出来れば知識も頭もちゃんと使えるようになります。

その結果、初めて望む結果が付いてくるのです。

 

だから、是非、頭をリセットしてこの記事を読んでみてください。

 

初心者ギタリストにとって最も大事な事

これは、経験量です。

 

ギターって最初はよく分かりませんよね。

だから、教則本見たり、ネットで情報見たり。

勿論、この行為はとても良いと思います。

 

でも、いくらやり方を知っていても
いくら練習法を知ってても

やってなかったら意味ないと思いませんか?

 

色々弾いてみて初めて

「あー、いきなりメタルは難しいんだな」

と分かる訳です。

色んな練習法を試してみて初めて

「こうやったら結果出るんじゃないの?」

と分かる訳です。

 

上手くいく事もいかない事も経験して初めて上手くいく事だけを
自信を持ってやり続ける事が出来る。

これってすごく当たり前の事。

 

でも、これが出来ない人がすごく多い。

ブログの読者さんとかが送ってくれるメールとか見てると
すごく感じます。

 

とにかくやること。

実践する事。

ギター弾く事

音楽やること。

 

これが無いと練習法とか弾き方なんか知っても意味が無いのです。

無茶苦茶でも良いからとにかくやってみる。

これが非常に重要です。

 

具体的に何からやるか?

ここまでくれば何をやるべきか?という事を話すのは
不毛かも知れません。

 

でも、あえて1つ何をやるかを挙げるなら、

コピーが僕は良いと思います。

 

このブログの記事でも散々言って来ていることですが、
コピーは最高の練習素材です。

だって、ギタリストが作った作品だから。

実際にライブでやる曲を真似してやる訳だからチョー実践的。

 

ギター弾く目的って色々有るでしょうが、
結局は音楽をやるためにギター弾いている、
というのは共通の目的だと思います。

 

コピーはその目的に直結する練習方法です。

だから、まず、やってみたい曲を
素直にコピーする事から始めましょう。

 

初心者の内は体験量。

これが一番大事です。

 

コピーをやりながら体験を積み重ねてください。

その前提があれば練習法は必ず機能します。