ギターの弾き方の覚え方

「ギターの弾き方が分からない・・・」

ギター弾き始めた時にだれしもが一度は思うことですよね。

もちろん、ギターの練習方法や弾き方のサイトとか見てギターの弾き方がすぐに分かる場合は良いのですが
実際どうでしょうか?

「出来ねー!」

ってなりませんか?

この記事ではギターの弾き方を身に付ける際にこんな事を気にすると良いよ♪というのをお伝えします。

 

ギターの弾き方は実はなかなかつかみにくい

ギターの弾き方を紹介しているサイトとか本とかDVDとか、YOUTUBEとか多いですよね。

でも、いざやってみようとすると・・・
なかなか動きがつかめなかったりするわけです。
そんなことありませんか?

そして、ここで動きがつかめないとギターテクニックの名前で検索して調べたりしてませんか?

例えば・・・
「ハンマリング やり方」
とか
「チョーキング コツ」
とかグーグル様に聞くわけですよね(笑)

で。

出てきた内容をやってみるもなかなか出来るようにはならない。

そんな自分に嫌気がさしたり自分にはセンスが無いと言って諦めてみたり・・・

でも、コレってすごくもったいないのです。

何故なら、あなたは弾き方の身につけ方を知らないからです。

検索してなんとかしようとするのはみんなやってしまうことですがそれではうまくいかないのです。

 

ギターの弾き方の身につけ方

では、どんなやり方をすればギターの弾き方を簡単に身につけられるのかというと・・・

マネをすればいいのです。

「は?」
という気持ちになっているかも知れませんが言葉どおりです。

動きのマネをするのです。

分かりますか?

「ハンマリング やり方」とかで検索した結果出てきた解説に従うのではなく、すでにプレイしているハンマリングの動きをマネするのです。

解説サイトや解説動画といったものは要はその演奏テクニックの動きを言葉で解説しているわけですよね?

ということはですよ?

そもそも動きをマネしたら解決では無いでしょうか?

一度そういうことをやってみた上で、うまくいかない時は解説を見る。

こうやると上手くいくわけです。

「こんな当たり前のやり方で・・・?」
と思うかもしれませんね。

でも、こんな当たり前のやり方で良いのです。

多くの人は当たり前だと言って軽く見ているのだから。

実際、色んな人と話をしてみたらみんなこういうシンプルなことはやってないのです。

 

ギターの弾き方を覚えるのにマネをするといい理由

さて。

何故、このやり方をとるとうまくいくのか?
と言うと・・・

自分で一度やっているからです。

見よう見まねでやってうまくいかなくても自分の手を使ってやってみたという経験は残ります。

これはとても大きなことなのです。

見よう見まねでやってうまくいかなかったのかも知れないけど、その動きをやったらどう言う風に身体を使ったのかはあなたの中に残るわけです。

それがあなたの中に「基準」として残るのです。

その基準を持って解説を見聞きするのとそうじゃないのは雲泥の差なのです。

 

まずはマネてみる

単純に弾いている姿をマネる。

一度やってみてください。

ライブビデオとか実際に弾いている姿なんて今やYoutubeで見ることが出来るわけです。

そういうので良いので是非、上手いなー、とあなたが感じる人の体の動きをマネてみてください。

こちらでは実際にマネをする際に意識しておくといいことを書いています。

ギターの弾き方を真似する時に意識しておくこと。